ペディキュア長持ち! 徹底フットケア
ふだんネイルは控え目という方でも足のペディキュアは豪華にしたい!そんな方にピッタリの季節がやって来ました。ペディキュアを塗る前の簡単ケアで長持ちするフットケアテクニックを身につけよう!
手のネイルより足のペディキュアの方が長持ちするのが一般的ですが、ペディキュアを塗る前の簡単ステップでさらによい状態でキープできるのはご存知ですか?

■ CONTENTS ■

爪の長さ・形を整えよう

先ずはファイリングで長さと形を整える。
先ずはファイリングから始めます。伸びすぎてしまった爪は先端を爪切り等でカットしてからファイリングします。ファイルは手のネイルと同じ180グリッドのものを使いましょう。足の爪は少々やりにくいのですが、手のネイルと同じように一方向でファイルをかけるのが基本です。

参照:ガイド記事「基本をマスター! 爪の形で印象が変わる」

巻き爪気味の方は、短くし過ぎないように注意が必要です。巻いてしまう角を削らずに、全体的にスクエアにしておくと、痛みが軽減するでしょう。角を落としてしまうと、伸びてきた時に皮膚に当たり痛み出すことがあります。

表面滑らか! 仕上げのバッフィング

爪の表面を滑らかにしよう。
ここで爪の表面を滑らかにバッフィングするのがオススメです。最後にペディキュアのカラーを塗った際に、表面がつるっとしてきれいに仕上がります。絶対にやらなくてはならないという工程ではありませんが、足の爪は結構表面が凸凹になっていることが多いのです。足の場合には持ちやすいブロックタイプのバッファーがやりやすいでしょう。

次のページでは足指の甘皮ケアをご紹介します!