18きっぷの1日とは?

夜の普通列車
「青春18きっぷ」は、午前0時を過ぎた最初の停車駅まで有効だ。写真は下関に停車中の山陰本線の列車
次に1日というのは、始発列車から終列車(東京・大阪の電車特定区間の場合は午前0時を過ぎて運転される電車にも乗れるが、その他の区間では、0時を過ぎて最初に到着する駅まで有効となる)までである。

夜行列車に乗るときから18きっぷを使うと、降りる駅までに2日分を使うことになる。乗り始めが、夜遅い場合には、午前零時を越して最初に到着する駅までの運賃は別途切符を購入することで対応したほうが無駄がない。

青春18きっぷで乗れるのは普通列車だけ

大糸線の普通列車
「青春18きっぷ」で乗れるのは原則として普通列車だけだ。写真は大糸線の普通列車
18きっぷで乗れる列車は普通列車だけである。特急列車に乗ってしまった場合には、特急料金のみならず、特急に乗った区間の運賃も払わなければならない。これは要注意である。

もっとも、特急に乗ったあとで、再び普通列車の旅を18きっぷを使って旅することは何の問題もない。多少の出費を厭わなければ柔軟な対応で変化に富んだ旅が楽しめるだろう。

ホリデー快速ビューやまなし
快速列車も18きっぷで利用できる列車だ。普通車の指定席なら追加料金510円(料金が異なる場合もある)で席を確保して旅ができる。写真は中央東線を走る「ホリデー快速ビューやまなし」
ところで、ここで普通列車というのは各駅停車の列車だけではない。「快速列車」も普通列車扱いなので、18きっぷで乗れる。

「ホリデー快速」「SLやまぐち号」も快速列車なので対象になる。快速列車で指定席があるものについては、指定席料金さえ払えば利用可能だ。グリーン車についても自由席なら、グリーン料金追加でOKだ。但し、グリーン指定席は特急と同じ扱いで、運賃も請求される。