18きっぷで乗れる特急列車がある

房総特急
千葉の特急「しおさい」「わかしお」は終点近くの末端区間で普通列車に変身する列車がある。この区間内でなら「18きっぷ」で特急車両に乗車できる
特急車輌であっても、普通列車として運転されているときは18きっぷで乗れる。長野~直江津間の「妙高」は普通列車であるから、遠慮しないで堂々と乗ってよい。新井~直江津~新潟間の快速「くびき野」もグリーン車以外は乗車可能だ。

房総特急で途中駅から普通列車に変身する場合も、特急でなくなった時点から利用可能だ。

特例区間で特急が利用できる場合がある

スーパーおおぞら
北海道の特急「スーパーおおぞら」は石勝線・新夕張~新得では、この区間を走る普通列車が皆無なので自由席に限って18きっぷでの利用を認めている
青函トンネルを通過するとき、今はこの区間で普通列車が運転されていないので、蟹田~木古内に限って、18きっぷで特急自由席に乗れる。

そのまま乗り越す場合は、区間外の切符と特急券を払えばOKと思いきや、全区間の運賃と特急券が必要となる。あくまで特例であるので、木古内や蟹田で一旦下車しなくてはならないのだ。

また、北海道の石勝線・新夕張~新得も普通列車が運転されていないので、特急自由席に乗れる。この他、宮崎~宮崎空港も特急の自由席に乗れるが、上記同様はみ出して乗った場合は、すべての区間の運賃と特急券が必要である。

また、2012年夏から、奥羽本線・新青森~青森間の特急列車に、普通車自由席に限って乗車できるようになった。他の区間の特急同様、この一駅間からはみ出して乗車することはできない。

 

18きっぷで乗れるのはJR線だけ

快速みえ
快速「みえ」の河原田~津は伊勢鉄道を経由するので、「18きっぷ」で乗車するときには追加運賃を払わなければならない
また、JRの車輌であれば、いつでも18きっぷが有効とは限らない。知らないうちにJRの列車が他社線を走っている場合があるから要注意だ。

例えば、名古屋から鳥羽(三重県)へ向かう快速「みえ」は、18きっぷだけで乗れる列車だが、途中の河原田~津は第三セクターの伊勢鉄道を経由する。したがって、この区間だけは別運賃となり510円を払う必要があるのだ。

青い森鉄道通過に関する特例(2010.12.4から)

リゾートあすなろ下北

青い森鉄道を経由して大湊へ向かう快速「リゾートあすなろ下北」。18きっぷでも乗れる列車だ

ところで、東北新幹線新青森開業(2010.12.4)を機に、東北本線の八戸~青森間が、第3セクター青い森鉄道に転換された。これにより、JR大湊線が他のJR線と接続しない孤立した路線となってしまった。そこで、下記の特例が新たに設けられた。

青い森鉄道線の「青森~八戸間」は、通過利用する場合に限り普通列車(快速含む)について、運賃を支払うことなく利用できる。当該区間の青い森鉄道線で下車した場合、別に乗車区間の運賃が必要となる。ただし、青森駅、野辺地駅、八戸駅に限り途中下車することができる。

例:青森駅から野辺地駅を経由して大湊線大湊駅へ向かう場合
(1)青森駅から大湊駅まで下車せず利用する場合
⇒「青森~野辺地間」の青い森鉄道線の運賃は不要。
(2)青森駅から浅虫温泉駅で途中下車して大湊駅まで利用する場合
⇒「青森~浅虫温泉間」と「浅虫温泉~野辺地間」の青い森鉄道線の運賃が必要