「青春18きっぷ」の利用入門

「青春18きっぷ」とは、普通列車を使ってJR全線が1日2370円(消費税改訂前は2300円)で乗り放題になる切符だ。時間はたっぷりあるけれど、予算は限られているので交通費を節約したい人にぴったりのチケットである。


18きっぷ

「青春18きっぷ」は使いはじめるときに駅員に日付入りのスタンプを押してもらってから入場することになる

 


青春18きっぷに年齢制限はない

「青春」とあるから、年齢制限があるのではないか、と思っている人がいるようだが、年齢制限はない。気持ちが若ければ高齢者が使っても全く問題はない。首都圏から北海道まで、18きっぷ片手に鈍行列車だけを乗り継いで旅をしている高齢者のグループに出会ったこともある。

青春18きっぷは利用期間が限られる

「18きっぷ」は年中使えるわけではない。概ね、学校の長期休業期間を中心に利用期間が決められる。
2014(平成26)年度に関しては、下記のように発表されている。

■発売期間とご利用期間

(夏季用)
発売期間 :2014年7月1日~8月31日
利用期間 :2014年7月20日~9月10日

(冬季用)
発売期間 :2014年12月1日~12月31日
利用期間 :2014年12月10日~2015年1月10日

(春季用)(予定、正式発表はない)
発売期間:2015年2月20日~3月31日
利用期間:2015年3月1日~4月10日

18きっぷの値段は、1枚1万1850円で期間内に5回利用できる。子供料金はなく、大人と同額だ。「みどりの窓口」で買える。5回というのは、1人で5日乗ってもいいし、5人で一緒に1日乗ってもいい。2人で2回日帰り旅行をして、あまった1回は1人で日帰り旅行をすることも出来る。

考えようによっては、ずいぶんフレキシブルな使い方が出来るものである。1万1850円で5回分だから平均すれば1回2370円という計算になる。なお、5回というのは連続した日でなくてよい。ある夏休みの任意の日に5回出かければよいのだ。但し、余った分を次の冬休みに繰り越すなどということは不可能だ。