夏場のメイクの悩み。それはなんと言っても崩れ易いベースメイク! 暑さによる崩れだけでなく様々な崩れ原因がありますが、夏特有のお悩みといえば、普段使い馴れない日焼け止め乳液を使った時の、「色むら」や「ヨレ」。それも時間がたってからではなく、メイクしている最中から崩れてしまう…、そんな方も多いのでは?

今回は、ガイド伊牟田流、夏にだって負けないベースメイク&夏に適したメイク環境をご紹介。些細なポイントが大きなヨレにつながっていたんです!


“液体”と“粉”がごちゃ混ぜ状態。それが崩れの原因に

化粧水
粉と液体では、互いに弾き合い上手く混ざり合うのは難しく、互いに喧嘩してしまいます。
崩れやヨレの原因は、日焼け止め乳液を塗った直後に、リキッドorパウダリーファンデーションを使っている、という所。一見キレイに日焼け止め乳液を塗っている様に見えて、表面には浸透しきっていない日焼け止め乳液が残っていたのです!

リキッドファンデーションならまだしも、パウダリーファンデーションは、言ってみれば粉。日焼け止め乳液の液体とパウダリーファンデーションの粉が一緒になってしまったら、互いに喧嘩してしまいますよね。



化粧水
優しく肌を押さえて、余分な乳液をOFFしてあげる事が大切。
さて一体どうやって解決するかと言うと、「ティッシュで押さえる」、これだけなのです。本当にこれだけでいいの?!と思うかもしれませんが、これが大きなポイントなのです。

一度肌をササッとティッシュでおさえる事で、肌に浸透しきらなかった、言ってみればつけ過ぎた余分な日焼け止め乳液をティッシュでOFFする事で、日焼け止め乳液を使った後特有の「色むら」や「ヨレ」を防いでくれます。(あまりゴシゴシとティッシュでとってしまうと、せっかく塗った日焼け止め乳液が剥げてしまうので、優しく表面をおさえる程度にしましょう。)

後は普段通りにファンデーションをのせるのですが、この時も擦るようにファンデーションをのせてしまうと、せっかくの下地が剥げてしまうので、叩きこむ様にファンデーションをのせて下さい。

これは夏だけでなくオールシーズン言える事で、普段乳液をつけてファンデーションを塗る前には、必ず一度ティッシュオフする事をお勧めします。 そうする事で、メイク最中、直後に起こるメイク崩れを防ぐ事が出来るのです。

次のページでは、ガイド伊牟田が現場で実践する夏に適したメイクしやすい環境作りをご紹介。
あなたは自ら崩れ易くする環境でメイクしているかも?!