年収400万円というと、30~34歳の平均給与というデータがあります(民間給与実態統計調査(令和2年分)より)。この平均年収400万円の人はどれくらい貯蓄ができているのでしょうか? 同じくらいの収入でも年齢層によって、貯蓄額は違うのでしょうか?
 
金融広報中央委員会が調査した「家計の金融行動に関する世論調査(2021年)」 のデータから、年収400万円の人の平均貯蓄をみてみましょう。
 

年収400万円は平均貯蓄1000万円超え?

年収階層別の貯蓄額の平均と中央値。単位:万円。出典:「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査2021年)」(金融広報中央委員会)

年収階層別の貯蓄額の平均と中央値。単位:万円(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(2021年)」)


表は単身世帯、2人以上世帯での年収階層別の貯蓄額の平均と中央値です。中央値とは金額の少ない順に並べたとき、真ん中に位置する人の金額。平均値よりは実態に近い金額を表します。
 
また、この調査でいう貯蓄とは、運用のためまたは将来に備えて蓄えている部分とされていて、土地・住宅・貴金属等の実物資産、現金、預貯金で日常的な出し入れ・引落しに備えている部分は除いています。つまり、将来のために貯めているお金という位置づけです。
 
単身世帯での全世帯の貯蓄保有額は平均1062万円、中央値は100万円とのこと。そのうち、年収300万~500万円未満では平均1035万円、中央値213万円。

一方、2人以上世帯では全世帯の貯蓄保有額は平均1563万円、中央値は450万円とのこと。そのうち、年収300万~500万円未満では平均1151万円、中央値300万円となっています。
 
となると、年収400万円の平均貯蓄は単身、2人以上世帯ともに1000万~1100万円程度といえるでしょう。単身世帯では全体の平均貯蓄と大差なく、2人以上世帯では平均より400万円程度は低いとはいえしっかり貯めていることがわかります。決して、高収入とはいえない年収400万円で平均貯蓄が1000万円というのは驚きです。
 

中央値200万円から300万円。実質は200万~300万円?

中央値をみると、年収300万~500万円未満で単身世帯では200万円、2人以上世帯では300万円程度です。多くの年収400万円世帯の貯蓄は単身200万円前後、2人以上世帯では300万円前後といえそうです。
 

単身30歳代貯蓄、平均450万円、中央値140万円

単身年収300~500万円の年齢階層別の貯蓄額の平均と中央値。単位:万円。出典:「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査2021年)」(金融広報中央委員会)

単身年収300万~500万円の年齢階層別の貯蓄額の平均と中央値。単位:万円(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査2021年)」)


次に、単身世帯での年齢層別の貯蓄状況をみてみましょう。上の表は単身世帯で年収300万~500万円の年齢階層別の貯蓄額の平均と中央値です。全体の平均値が1035万円と高額で驚いたのですが、60歳代が平均2704万円となっており、60歳代以上が全体の平均額を上げているのがわかります。
 
国税庁の『民間給与実態統計調査(令和2年分)』によれば、30~34歳の平均給与が年収400万円とのこと。したがって先ほどの表の30歳代の情報に照らし合わせると、単身30歳代の貯蓄額の平均は450万円、中央値140万円で、「年収400万円の人の平均貯蓄額」のイメージに近いかもしれません。
 

2人以上世帯30歳代貯蓄、平均293万円、中央値100万円

2人以上世帯で年収300~500万円の年齢階層別の貯蓄額の平均と中央値。単位:万円。出典:「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査2021年)」(金融広報中央委員会)

2人以上世帯で年収300万~500万円の年齢階層別の貯蓄額の平均と中央値。単位:万円(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査2021年)」)

 
続いて、表は2人以上の世帯での年収300万~500万円の年齢階層別の貯蓄額の平均と中央値です。こちらも単身世帯と同様に、60歳代が平均貯蓄1617万円と大きく平均額を上げているのがわかります。30歳代の平均貯蓄は293万円、中央値は100万円となっています。
 
貯蓄額の平均、中央値ともに単身世帯より金額が低くなっています。子育て費用がかかる世帯が多くなるからでしょう。
 
ここで気になるのが、中央値です。30歳代から50歳代まで100万円前後となっており、多くの年収400万円世帯は貯蓄100万円程度ということです。貯蓄を増やすには、年収を上げていかないと厳しい結果となっています。
 
年収400万円でも年齢層によってかなりの差がありました。さらに貯蓄を増やすためには、収入を上げることが一番の近道といえそうです。

【関連記事をチェック!】
年収300万円の人の平均貯蓄額はいくら?【2022年版】
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/5/1~2022/5/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。