スマートフォンの通信料金は大手通信会社がサブブランドを提供することで安価になってきました。KDDIのオンライン専用プラン「povo2.0」は、トッピングというユニークな仕組みで、基本料0円から利用できます。

契約後、ずっと0円で使い続けることは可能なのでしょうか? 最低維持費は? 実際にpovo2.0を契約中の筆者が、povo2.0の基本情報や最低価格で使い続ける活用方法を紹介します。
povo2.0

povo2.0

 

「povo2.0」は基本料が無料

KDDIが2021年9月に提供を開始したオンラインブランド「povo2.0」。NTTドコモやソフトバンクなど他社と比較してユニークな料金体系になっており、基本料金が無料です。

ユーザーは自分の用途に応じて、トッピングという仕組みで高速通信データ利用量を追加して利用するスタイルとなります。なお、KDDIの回線ではありますが、KDDIの通常プランのオプションなどは利用できませんので注意が必要です。また、店頭サポートはありませんので、オンラインでの受付のみとなります。

月額無料の「ベースプラン」では通信速度が128kbpsに制限され、音声通話、SMSは利用可能。国内通話料は30秒あたり22円、国内SMS送信料は1通あたり3.3円(最大70文字)となります。

各トッピングおよび料金は以下の通りです。

・データ追加1GB 390円(7日間)
・データ追加3GB 990円(30日間)
・データ追加20GB 2700円(30日間)
・データ追加60GB 6490円(90日間)
・データ追加150GB 1万2980円(180日間)
・データ使い放題 330円(24時間)

また、通話に関してもトッピングが用意されています。

・5分以内通話かけ放題 月額550円
・通話かけ放題 月額1650円

これ以外にもコンテンツ関連のトッピングや、カフェなどの利用でトッピングが追加できるサービスなども用意されています。ユーザーは自分の利用状況に合わせて、トッピングを選択することで、無駄なく通信量を利用できます。
 

ずっと無料では使えない。180日以内に有料トッピングが必要

ベースプランを使い続けて、トッピングを行わなければ、無料でpovo2.0の回線を維持することができます。無料とはいえ、128kbpsの通信は可能で、通話・SMSは使えますので、サブ回線として利用が可能です。

ただし、注意があります。180日以内に有料トッピングを利用しないと利用停止や契約解除となります。無料で維持をしたいユーザーは、半年に一度は有料のトッピングを利用する必要があります。

例えば半年に一度、「データ使い放題 330円」のトッピングを利用すれば、契約を継続できます。6カ月で月割すれば、月55円の計算です。なるべく安いトッピングを選択することで、維持費を安く抑えられます。
 

トッピングの利用例

「ベースプラン」から、「データ使い放題」(24時間、330円)をトッピングした例を紹介します。スマートフォンアプリのトッピングの一覧から「データ使い放題」を選択し「購入」を選択します。
 
アプリpovo2.0のトッピング選択画面

アプリpovo2.0のトッピング選択画面 

データ使い放題(24時間)を選択して「購入」

データ使い放題(24時間)を選択して「購入」 

購入完了

購入完了

購入完了後、アプリpovo2.0に「データ使い放題(24時間)」が利用中であることが表示されていれば、高速通信を24時間利用できます。「購入」をタップした後は時間で終了するため、無駄な出費がありません。
「データ使い放題(24時間)」利用中

「データ使い放題(24時間)」利用中

このようにpovo2.0はアプリで簡単にトッピングを追加できます。予備回線としてコストをかけたくない方は、賢く運用すれば限りなく無料に近い料金で維持できます。



【おすすめ記事】
楽天モバイルと「povo 2.0」の併用ならデュアルSIMで月額無料!? 「iPhone 13 mini」で使えるか試してみた
楽天モバイルでデュアルSIMにする場合の設定方法と注意点
iPhone 13で「デュアルeSIM」を活用! コスパが良い「楽天モバイル」と「povo 2.0」を使ってみた
楽天モバイルのiPhoneで着信ができないとき、ユーザー側でできる対策は
iPhone 13は「買い」か? 搭載された機能、見送られた機能をチェック


 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。