iPhoneでブルーライトカットができる「Night Shift」の使い方

iPhoneでブルーライトカットができる「Night Shift」の使い方

iPhoneのディスプレイに眩しさを感じて、ブルーライトカットのメガネを常用している方もいるかもしれません。でも実は、iPhoneにはデフォルトで、ブルーライトを軽減してくれる機能があります。

それが「Night Shift」モード。青色系の色を軽減することで、iPhoneのディスプレイの眩しさを和らげることができます。
 

ブルーライトが与える影響とは

ブルーライトは、人の目で見ることができる光の中でも、非常に強力なエネルギーを持っているのが特徴です。

青色発光ダイオードが登場してから、身のまわりにはブルーライトを発する機器が急増。中でもスマートフォンやパソコン、ゲーム機は特にブルーライトの放出量が多いといわれています。

また、これらの機器は日常のなかで利用時間も多いため、私達に与える影響も大きくなりがちです。

ブルーライトはエネルギーが強いため、眩しさを軽減させるために瞳孔を縮めようとし、目の筋肉を酷使するようになるとのこと。これにより、目の疲れや肩こりを招く可能性があるといわれています。

また、体内リズムに影響を及ぼすことで、睡眠サイクルの乱れにもつながります。

夜に向かうにつれて、太陽光に含まれるブルーライトを浴びる量が減ることで、体は睡眠へと向かっていきます。しかしデジタル機器を利用することでブルーライトを浴び続けてしまうと、脳が睡眠モードになりにくくなってしまうのです。
 

「Night Shift」でブルーライトをカットする方法

iPhoneには「Night Shift」というモードが搭載されており、ディスプレイの青色系の色を軽減し、全体的に暖色系に切り替えてくれます。
iPhoneでブルーライトカットができる「Night Shift」の使い方

ディスプレイの青色系の色を軽減し、全体的に暖色系に切り替えてくれる

設定アプリを開き、「画面表示と明るさ」→「Night Shift」の順に選択。
iPhoneでブルーライトカットができる「Night Shift」の使い方

設定アプリで「画面表示と明るさ」→「Night Shift」の順に選択

「手動で明日まで有効にする」をオンにすると、次の日まで「Night Shift」を維持。次の日の朝になると自動的にオフになってくれます。
iPhoneでブルーライトカットができる「Night Shift」の使い方

「手動で明日まで有効にする」をオンにすると、次の日まで「Night Shift」を維持してくれる

 

「Night Shift」をスケジュールする

先ほどの画面で「時間指定」をオンにします。すると「Night Shift」を実行する時間を設定できます。

「日の入りから日の出まで」を選択すると、デバイスの時計とジオロケーションを使って現在地の日の入り時刻を推定。その時刻を過ぎると自動的に「Night Shift」がオンになります。

「カスタムスケジュール」は、「Night Shift」を有効にする時間を自分で好きに設定できます。
iPhoneでブルーライトカットができる「Night Shift」の使い方

「Night Shift」を有効にする時間を自分で好きに設定できる

 

「Night Shift」を素早く設定するショートカット

「Night Shift」を利用するのに、設定アプリでいちいち操作をするのは面倒です。コントロールセンターを利用しましょう。

コントロールセンターの明るさ調整アイコンを長押しします。するとメニューが表示され、ここから「Night Shift」の項目を変更できます。
iPhoneでブルーライトカットができる「Night Shift」の使い方

コントロールセンターの明るさ調整アイコンを長押し。表示されたメニューで「Night Shift」の項目を変更できる

 

「Night Shift」だからといって寝る前にiPhoneを触っていいわけじゃない

「Night Shiftでブルーライトを低減してるんだから、寝る直前までiPhoneを操作してても大丈夫!」というわけではないようです。

とある研究の成果では、「Night Shift」をオンにしても睡眠の質の向上は確認できなかったとのこと。光の影響だけでなく、画面のスクロール、文字入力、SNSへの投稿といった行動による心理的影響も重要だとしています。
 

参考:iPhoneのNight Shiftは睡眠の質向上に効果がない~米大学が研究結果


「Night Shift」やブルーライトカットメガネなどの効果を過信しすぎず、寝る前のスマートフォンの操作はキッパリと止めたほうがいいかもしれませんね。


【おすすめ記事】
「iPhoneの裏技」記事一覧
iPhoneでやってはいけない操作「アプリの強制終了」や「充電しながら就寝」はウソ? ホント?
iPhoneのイラッとする予測変換を削除する方法
iPhoneを買ったら必ず設定しておきたい38の項目
iPhoneの「ヘルスケア」で家族と健康状態を共有する方法
iPhoneが「熱い」とき、真っ先に試すべき対処法6選


 


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。