お金のこと、難しいですよね。コロナ禍もあって、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとしたお金の疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、社会保険料が職場によって違うのはなぜかについてです。専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:職場が変わったら、社会保険料が一気に上がりました。同じ月収なのになぜ?

「現在65歳。夜勤の仕事をパートで2年ほどしております。配偶者あり、義理の両親2人の扶養ありです。社会保険の金額ですが、健康保険料が9800円、厚生年金保険料が1万8300円引かれていました。2カ月ほど前に別の勤務先に変わり、同様の条件で仕事をしておりますが、ここでは、健康保険料が1万5680円、厚生年金保険が2万9280円引かれています。給料は16万~18万円ほどです。なぜこれほど違うのでしょうか?」(匿名希望)
 
社会保険の天引き額が違うのはなぜ

社会保険料の天引き額が違うのはなぜ

 

A:現在の勤務先に、天引き額が正しいのかを確認してみましょう

健康保険料や厚生年金保険料は、標準報酬月額(保険料や給付を計算するために定められた報酬の区分)によって決まります。標準報酬月額の決め方には何通りかありますが、月給(基本給)の他に、賞与や通勤手当、住宅手当、家族手当、役職手当、給食、社宅などの手当も含めた報酬をもとに、標準報酬月額は算出されます。

パートをしている人の標準報酬月額に関しても、年間で受け取った基本手当に交通費や諸手当が含まれた「報酬」を月額に換算した額によって決まります。
 
現在の健康保険料が1万5680円、厚生年金保険が2万9280円とのことですが、これは標準報酬月額が32万円のときに差し引かれる社会保険料の自己負担額とほぼ同額となっています。勤務先では給料が16万円から18万円とのことですが、月給の他に通勤手当や家族手当、住宅手当などが支給されていませんか?

また、健康保険料が1万5680円、厚生年金保険が2万9280円は、標準報酬月額16万円の社会保険料の会社負担分と自己負担分の合計額とほぼ同額です。

通常、社会保険料は自分と会社が半分ずつ負担するのですが、もし月給以外にボーナスや住宅手当等を含めても標準報酬月額が16万~18万円なら、会社が払うべきの分も天引きされている可能性があります。給与計算に誤りがないか、会社の総務部などに確認してみましょう。


※専門家に質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】
63歳で会社を退職後、年金をもらいながらアルバイトをしたら、健康保険料の支払いはどうなる?
63歳で再雇用で働き年金が減額されました。65歳前に辞めて失業手当をもらったほうがいい?
加給年金の「生計を維持されている配偶者」とは、「扶養に入っている配偶者」と意味が違うの?
60歳定年で1年更新の再雇用で働いていましたが契約更新してもらえません




 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/5/1~2022/5/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。