肉や魚をはじめ野菜、キノコ、豆腐など、今や色々ある冷凍テクニック。特売日や業務スーパーで食品をまとめ買いしたら、とりあえずフリーザーへ収納すればいつでもすぐに使うことができて安心ですね。しかしそのためには、しまい方が重要になります。

今すぐできるたった3つのコツで、食品もスペースも無駄なく使いきりましょう!
 

冷凍庫の整理整頓ルール1:立てて収納

冷凍室での食品収納

左の金属トレイに肉を乗せる。その後、急冷したら右へ移動して立てて収納

冷凍室の収納量は、ほぼ満杯なくらいにすると、冷気が保たれやすいといわれています。

引き出しタイプの冷凍室は、開けたらパッとしまえるため便利なのですが、単に積み重ねていくだけでは使いたい食品を見つけられなくなってしまいます。探すためにかき回したりするとさらに乱雑な状態になり、中途半端な隙間だらけで、スペースを最大限活用して食品をたくさんしまうことができません。

冷凍室の収納で必ずやっておきたいのが、食品を垂直に立てて並べること。このやり方に切り替えるだけで、出し入れがしやすくなり、隙間を残さずに収納できます。冷凍食品、フリーザーバッグなどは立てておきましょう。
 

冷凍庫の整理整頓ルール2:ラベルを付ける

スタッシャーで食品保存

フリーザーバッグのサイズを決めておくと整理整頓しやすい。スタッシャーのシリコーンバッグは種類別に色分けもできる

たくさん冷凍できているのに、使いたい食品がすぐに見つからないというのでは困ります。立てた食品を見つけやすくするために、もう一つ加えたいのがラベルを付ける作業です。

フリーザーバッグと保存容器には、食品名を書いたシールを貼り付けましょう。

100円ショップで手に入る防水タイプのマスキングテープと、油性マジックを冷蔵庫の近くに備えておくと便利です。 使いかけた冷凍食品を袋のままフリーザーバッグに入れて、品名と期限も書いておけば使い忘れがありません。【楽しい暮らしnote】はやしあきさんは、文具のターンクリップにラベルを付けています。
 

冷凍庫の整理整頓ルール3:区画をする

無印良品と100均収納

無印良品のプラボックスや100均のプラかごを組み合わせると一目瞭然

冷凍したい食品のなかには、ご飯のように形が不揃いだったり、小さかったりしてまとめにくいものもあります。その場合には四角い形状の容器に入れることにしましょう。残量がゼロになっても、その容器をそのまま残しておけば指定席を確保することができます。

また、冷凍室内をプラかごで区画をして、種類ごとに分類しておくと見つけやすくなります。定番で冷凍する食品のために、空のプラかごで指定席を決めておくのもいい手です。そうすれば補充のタイミングが分かります。
 
セリア100均グッズの仕切りスタンド

自立しにくい食品もご覧の通り整理整頓。セリアのプラスチック製のスタンド「フリーザーエンド 139mm×143mm×145mm(1個使用時)139mm×150~237mm×145mm(2個使用時)」

種類や量が変化しやすい食品については、【整理収納サロン in my rhythm】尾山敬子さんのように、幅の調節がきく仕切りスタンドで対応しましょう。倒れ止めにも有効です。冷却効果を期待して、金属製のブックスタンドを使うという方法もあります。
 
いっぱい詰め込んだ冷凍室でも効率よく整えて、節約と節電そして時短へとつなげましょう!


【関連記事】
冷蔵庫を片付けてムダ買いを減らす!整理収納プロたちのアイデア集
100均・無印大活躍!スッキリ冷蔵庫を叶えるプロたちの収納技

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。