【クイズ解説】思い出せないのは「注意して見ていないから」

日常生活のなかでよく見る信号機の問題ですね。みなさん、一日一回以上は見ているはずなのに、なぜか思い出せない……。どうしてなのでしょうか。

私たち人間が物事を覚えるためには、“まず対象物に注意を向ける”ことが必要で、なんとなく視界に入ったものを覚えることはできません。

ムカつく上司のこと、帰宅したらやらなければならないこと、友達へのプレゼントを選ぶこと……などなど、本当にたくさんの“考えること”が常に私たちの脳内をめぐっています。

特に現代社会は情報過多で考えることが増え、脳が疲労してしまいがち。今回のクイズを解くのに時間がかかった人は、考えることが多すぎて信号機に注意を向けることができず、脳が疲れている状態といえます。

たまには敢えて情報を遮断して、目の前のことだけに集中する時間を作るのもいいでしょう。
 

「元気脳」のレシピ

この問題、実は、ぱっと答えが思い出せなくてもロジカルに解くことができます。信号機の三色の中でもっとも見落としてはいけない色は、当然「赤色」ですね。ですから、右ハンドル乗用車の運転席から見やすい「B」の位置に赤信号をもってくることは合理的な判断。

おのずと「A=青信号」を導き出すことができます。思い出せなくても、焦らない。深呼吸をして落ち着いて考えるクセをつけてみましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項