不動の人気「ティラミス」味!セブンの「生どら焼」として登場

ティラミス生どら焼

真っ黒い生地が、売り場で目を引く「ティラミス生どら焼」

コンビニスイーツのなかでも、人気の高いフレーバー「ティラミス」。スタンダードなティラミスだけでなく、プリンやどら焼き、パンケーキなど、和洋さまざまなスイーツにアレンジされています。

そんな人気のティラミス味の新作が、セブンイレブンから発売された「ティラミス生どら焼」(税込213.84円)。この「生どら焼」は、パッケージのデザイン変更やリニューアルがありながらも、販売続けているロングセラー商品。季節ごとにモンブランやイチゴなどのバリエーションでも販売されています。
 

もっちり生地×ぽってりチーズホイップクリーム

ティラミス生どら焼

チーズホイップクリームは、もちもち生地とバランスを合わせた少し硬めのテクスチャー

もちもちとした食感のココア生地に、チーズホイップクリームとコーヒージュレが挟まれています。チーズホイップクリームは、見た目にもわかるようにやや黄色がかった色合いで、少し硬めのテクスチャー。クリームチーズに似た食感で、爽やかな酸味があります。
 

やや控えめな存在感のコーヒージュレ

ティラミス生どら焼

コーヒージュレは、中心にちょっぴり

食べ進めていくと現れるコーヒージュレ。ジュレといいつつもソースに近いなめらかさで、ビターな味わいがチーズホイップクリームの甘みやコクを引き立てています。ジュレの量は控えめなので、最初はクリームと生地のみで、あとからポイント的にジュレも一緒に味わう感じで、味の変化が楽しめます。
 

甘すぎず、食べやすい「洋風どら焼き」

ティラミス生どら焼

生地とコーヒージュレの香りはやや弱め

セブンイレブンの定番スイーツ「ふわっとどら」が口どけのよい軽い食感なのに対して、「生どら焼」はもちっとした生地で、咀嚼して味わうスイーツです。全体的に甘すぎないので食べやすく、生地の割合が多いので食べごたえもあります。

個人的には、もう少し生地やコーヒージュレに香りがあると、より本格的な味わいになると感じましたが……。とはいえ、親しみやすくて食べやすいのが、セブンイレブンのスイーツの特徴だと思っているので、バランスのいい味に仕上がっているのではと思います。

それにしても「ティラミス」と書いてあると、つい買ってしまうのはなぜでしょうね(笑)。
 

<最新コンビニグルメ記事>
至極の「ふわとろ」食感!ファミマの「オムレット」は、片手で食べられる本格デザート
ティラミスは焼いても美味!ローソンの新作「焼ティラミスタルト」はパンコーナーで探せ
セブンイレブン2021年冬の中華まん人気ランキング!TOP3を実食レポ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。