インスタの裏アカを削除する場合は要注意

インスタグラム(Instagram)ではメインで利用しているアカウントの他に、最大5つまでサブアカウントを作成できます。サブアカウントの利用方法はさまざまで、ビジネスや趣味専用にしたり、リアルな友達には見せたくない投稿を行ったりします。

センシティブな内容が含まれることも多いため、アカウントを削除したいと思った場合は細心の注意が必要です。誹謗中傷が含まれるアカウントが特定されれば、社会的信用を失うことにもつながりかねません。

本記事では、失敗しない裏アカ(サブアカ)の削除方法について解説します。
 

インスタの裏アカを削除する方法

1. 消したい裏アカを確認する
まずは誤って別のアカウントを削除しないようにしっかりと確認しましょう。
1

 削除したいアカウントのほうか、しっかりと確認

2. ブラウザでアカウント削除ページを開く
削除はアプリではなく、Google ChromeやSafari等のブラウザを使用して行います。Instagramのページから削除する裏アカのユーザーネームとパスワードでログインします。
1

ブラウザでログインする

3. 削除理由を選択する
 
1

削除理由を選択

4. パスワードを再入力し、削除ボタンを押す
1

パスワードを再入力し、削除ボタンを押す

5. 確認画面でOKを選択する
1

確認画面でOKを選択

すると、アカウントが削除される日付が表示されます。
1

アカウントが削除される日付が表示される

アカウントが削除されるのは、操作を行った日から30日後です。この30日の間であれば、アカウント削除をキャンセルすることが可能です。 

削除日までアカウントは正式には削除されていませんが、他のユーザーは削除操作をしたアカウントを表示することができなくなります。
 

削除操作をした裏アカを復活させる方法

上述のように削除操作をした日から30日以内であればアカウントを復活させることができます。

通常通り裏アカを表示させて選択します。
1

 裏アカを表示する

「アカウントをキープ」を選択すると裏アカが復活します。
1

「アカウントをキープ」を選択

注意しなければならないのは、このように簡単にアカウントを復活させることができるため、誤って30日以内にログインすると、削除操作が無効になってしまうことです。削除したい場合は30日以内にログインしないようにしましょう。そのためにアカウントをアカウントリストから非表示にする方法があります。
 

アカウントを非表示にする方法

上記のような事態を防ぐために、削除を行う前に、アカウントリストから消したいアカウントを削除(非表示)する方法があります。そうしておけば誤ってログインし、アカウント削除操作が無効になることもありません。
 
1. 全てのアカウントからログアウトする
画面右上の三本線マークから設定→ログアウトを選択します。
1

画面右上の三本線マークから設定→ログアウトを選択

2. ログアウトを選択
全てのアカウントにチェックを入れログアウトします。
1

ログアウトする

3. 実行
「編集」を選択し、削除予定のアカウントの右に表示される×を選択します。
1

削除予定のアカウントの右に表示される×を選択

この操作によってアカウントリスト上から削除予定のアカウントが非表示になるため、うっかり削除予定のアカウントにログインし、削除が無効になることを防ぐことができます。
 

【おすすめ記事】
Instagramで相手をフォローできないときに考えられる9つの理由
インスタグラムでブロックされているか確認する方法
相手にどう見える?インスタグラムでブロックする方法
自分が死んだらInstagramアカウントはどうなる?
インスタ新機能「地図検索」の使い方! Google マップと使い勝手を比較してみた

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。