さあ実践編ですがトリートメントの前にまず正しいシャンプ ーを行なって頂かなくてはいけません。 シャンプーを適当にしていると効能成分が入り難いと共に 逆にダメージを受けてしまう恐れがありますのでご注意を
正しいシャンプーの方法



一般的な「塗布してから時間を置く」タイプ

 
シャンプー終了後、注意する点はある程度水分をタオルなどで取り除き、毛先を中心に塗布していく事です。通常ダメージを受けてる部分は毛先が中心になる為、ダメージを受けていない根元付近に多く塗布すると髪が重くなってしまう恐れがあるからです。そして揉みこむ様に付けると効果的です。


その後粗歯のコームで全体に行き渡らせる事も忘れずに!コームの歯は寝かせずに頭皮と直角になるように歯を立てて優しく梳かして行きます。くれぐれも力を入れて梳かさないように・・・


 

ココ重要ポイント

時間を置く事は、もちろんですがこの蒸しタオルがポイント出来れば熱めのタオルのほうが効果的です。バスタイムで行なう場合は、まず入浴後シャンプーをして次ぎに身体を洗い、湯船に入るなどの作業を終えた時点つまり、あがる直前にトリートメントを流せば時間短縮にもなりますし御風呂の蒸気で蒸され効率的ですね。放置タイム終了後、余分なトリートメント剤を流します。

ここで注意

現在使っているトリートメント剤の裏の表記部分をみると「良く流してください」と「サット流してください」など使用方法が異なっています。ここ見逃しがちなので注意

もし「良く流すタイプ」で軋みが出る場合などがありますがトリートメントが合っていない訳ではありません。むしろ髪に浸透しているのだと思って下さい。そういった場合リンスをトリートメント後使用して問題ありません。前文でも申しましたがリンスとトリートメントは別物であると理解してくださいね。そういったケースの場合三点セットで販売されているケースが多いので販売方法も要チェック!


これで作業終了です。当たり前のような内容ですが、皆さん、どれか抜けてませんでした?
それと良く「トリートメントは何日に一回やれば良いの?」って聞かれますがダメージ(得にカラーリングされてる)毛の場合は毎日やっていただきたいですね。

次ぎはヒート浸透などのタンパク注入タイプです