「シャンプーなんて洗えば良いんでしょ?」それは大きな間違いです。実はシャンプーこそが一番身近な、そして大事なヘアケアなのです。これを読んで今日から是非、自宅で実践してみてください!



まずは、自分の今の髪の状態に合うシャンプー剤のセレクトなのですが、大きく分けて、市販の物とプロユースの物に分けられます。市販の物の多くは「誰にでも合うシャンプー」に設定されています。洗浄力が高めで石油系の原料を多く使って、しなやかさを出しています。はっきり言って市販の物は安価であるが故に効果自体も?マークが付いてしまいます。一方でプロユース製品は「髪質や髪のコンディション」に合わせることができる点です。そして、何かにこだわって作られています。例えば軟毛の方でボリュームが欲しい場合はこれ、カラーリングして乾燥毛の方にはこれ、肌が弱く無添加志向ならこれ、っと言ったベストチョイスが可能な点です。実際自分に合うプロユースのシャンプーを見付けると毎日のスタイリングのし易さ、カラーリングの色合い、手触り等、実感していただけるはずです。

私のイチオシ シャンプー記事




さあ、実際のシャンプーに入って行くわけですが、その前にできればブラッシングをして頂ければベストです。頭皮の血行も良くなりますし、髪の、からみも取る事ができます。ここでは、シャンプー前の流しを説明します。皆様はこの部分をシャンプーする前に「髪を濡らす作業」位の価値観だと思っていませんか?実はこのプレシャワーリングも重要な作業なのです。まず、少し熱めの温度設定で充分に髪にシャワーを当ててください。濡らすという感覚よりも流すという感覚で行なってください。髪の汚れは、なんとこのプレシャワーリングだけで70%位落ちてしまうんですよ。時間にして2~3分充分に行なってください。これをやることによって髪自体の汚れも落ちますのでシャンプー剤も少ない量で充分な泡立ちが得られます。




次ぎにシャンプー剤を付けてシャンプーを行ないます。最初に注意しておきますが女性の方で下を向いたままシャンプーをなされる方がいますが絶対止めてください
下を向いて洗うと逆毛になります。キューティクルの損傷を招きますので上を向いて洗うようにしましょう。まずシャンプー剤を手に取り馴染ませながら髪に塗布します。そして十分に泡が立つまで揉み洗いをしてください。爪を立てずに指の腹で頭皮を洗っていきましょう。痒みがある方など爪を立てて洗いたくなると思いますが、それはむしろ逆効果になります。爪で痛められた頭皮は乾燥してフケや、より痒みを増すだけです。プラスティック製の剣山のような洗うものありますよね?あれなんかで、ごしごし洗ってる方は今すぐやめてください(笑)そして充分にマッサージをする感覚で洗っていきましょう。ムースやスプレー等を使用してる方は2度洗いをオススメします。




そして、最後の流しに入るわけですが、ココが重要です。充分過ぎるくらいシャンプー剤を流してください。フケや痒みがある方の多くは石油系のシャンプー剤であらって、この流しを疎かにしているのが原因とされています。最低でも3分以上はシャワーで流してください。

そして、リンスやトリートメントに移る訳ですが、頭皮に何かしらの効果があるリンス剤以外は頭皮には付けない様にしてください。これもフケ痒みの原因になります。(裏書に頭皮にも付けると書かれてる製品は別です)

次ぎはチェックポイントです。