単独で使用するトリートメント


ヒート注入タイプの場合



毛先など特にダメージを受けてる部分を小分けにしてラップで包みます。



そしてドライヤーの熱を加え内部に浸透させます。ラップをせずに当ててしまうと先にダメージ部分から乾燥してしまうし、熱の量も弱まってしまい効果的に浸透させられません。この方法が最も効果的と言えるでしょう。


ムースタイプや後に付けるトリートメント

このタイプはコーティング効果やオイル効果がメインの物が大半です。特に注意点はありませんが、地肌に付けない様にする事と付け過ぎに注意をして下さいね。



以上大まかにトリートメント方法を紹介しました。 この他にも特殊な方法を用いた製品もあるのですが 今回は皆様がお持ちのトリートメント剤を100%効果 的に使っていただこうと企画致しました。 是非皆様も参考にして今日からのケアに結びつけて くださるよう願っています。


今回、自宅でのトリートメント法を紹介しましたが 当たり前にやられてる方は、「知ってた」っと思われ るのですが、実際方法を間違えて使ってる方のほうが 多いのが現状です。ご理解下さい。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。