12月中に、今年できなかったことは忘れてしまいましょう

2021年も残すところあと少しとなりました。一年を振り返りつつ、2022年の計画をたてるのにいいときです。2021年に、たてた計画はなかなか思い通りにいかなかったと思うので、リベンジしたいところ。でも、風の時代なのですから、今年のことは除夜の鐘とともに忘れて、新しい自分になってスタートを切る方がうまくいきます。毎年同じ目標をたてているなんてもってのほか。
2021年に立てていた計画は忘れて新しいスタートを

2021年にたてていた計画は忘れて新しいスタートを

 

牡羊座

スピーディな行動で「お得」をつかめるとき。サイトで物を買うときは、販売開始と同時に購入するくらいの素早さがないとお宝を手にいれることはできないかも。思い立ったら即行動が成功の秘訣です。また、この期間は少しだけ遠出してみると、いい物が手に入りそう。普段の買い物も、いつものお店から少し足を延ばしてみることをおすすめします。新しくできたお店はぜひのぞいてみるべき。探していた物がみつかる可能性も。

ラッキーアイテム:クリスマスリース
 

牡牛座

人から得るものが多いとき。何気ないおしゃべりの中のちょっとした一言から金運アップのヒントがひらめきそう。ご無沙汰している人でこの先もおつきあいしていきたいと思う人には、用がなくてもまめに連絡して情報交換しましょう。日用品などを買いにいくお店の人などとの、ちょっとした立ち話の中にもお得情報がひそんでいたりする可能性がありますから、常連になっておくべき。おまけしてくれたりもありそうです。

ラッキーアイテム:雪だるまの置物
 

双子座

対人面でトラブル多発の恐れあり。特に、オフィシャル面、クライアントとか、お客さんを怒らせて、責任をとるはめになりそうです。余計なひとことで相手の地雷を踏んで金銭面でも損害がでる危険性大ですから、言動にはくれぐれもご用心。プライベートでも、親しいからといって油断は禁物。相手の心の中にずかずか踏み込んでいかないように気をつけましょう。お金には代えられない大事な物をなくさないように慎重に行動しましょう。

ラッキーアイテム:スノードーム
 

蟹座

予定通りにはいかないとき。収支にも影響がでてきて、心配性の蟹座はハラハラし通し。この期間は最初からざっくり予定をたてて、いきあたりばったりで行動する方が精神衛生上よさそうです。何がおこるかわからない状況を楽しめるぐらいになれば、予想外のプチ収入があったり、ずっと探していたほしい物が手に入ったりのラッキーに恵まれるかも。ただし、相手がいる場合はきちんとアポをとっておかないと無駄足になる恐れあり。

ラッキーアイテム:サンタ柄
 

獅子座

自分が楽しいことをするのが成功のひけつ。ゲームを気がすむまで楽しんだり、漫画読み放題したりするとその中に金運アップのアイデアがありそうです。受け身のレジャーが多い人は、ひらめいたらすぐに行動をおこしてみることをおすすめ。ひとりで頑張れなければ、行動力のあるパートナーをみつけること。あれよあれよという間にやろうとしていたことが実現するはず。ただし、収益の分配法はあらかじめ決めておくことをお忘れなく。

ラッキーアイテム:クリスマスツリー
 

乙女座

大掃除をするのにいいとき。年末に一度にやろうとしても無理なので、少しずつやること。部屋がきれいになると頭の中もクリアになります。また、毎日つけている家計簿もつけっぱなしでなく、集計して分析すること。減らせる必要経費がみつかったり、保険などの見直しをしたり、せっかくの努力を有効に使わなくちゃもったいない。どんぶり勘定の人は、来年からといわずに今すぐ収支の記録をつけ始めると節約気分が高まります。

ラッキーアイテム:2022年のカレンダー

【後半の星座はコチラ】
12星座別!2021年12月の金運アップ方法【天秤座~魚座】


教えてくれたのは……
小泉茉莉花さん  
 

 

占星術・神秘研究家。大学時代に偶然に手にしたタロットカードが神秘の扉を開き、タロットカード、西洋占星術、月占術、魔法など、神秘の研究を開始する。多くの雑誌でレギュラー連載を持つほか、『運がよくなる 日本のしきたり』(三笠書房)、『夢占い』共著(実業之日本社)、『幸運と魔法の月星座占い』(梧桐書院)など、著書多数。また、CD-ROMや家庭用ゲームソフトも手がけ、マルチメディアでも活動を展開している。小泉茉莉花オフィシャルサイト 
 

 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。