スマートフォンはハイエンドモデルで20万円を超える機種がありますが、ミドルレンジでも高機能な機種があります。

モトローラ・モビリティ・ジャパンが10月1日に発表した「moto g50 5G」は、3万円台ながらも、3眼カメラ、大画面、大容量バッテリーを搭載した高機能なスマートフォンになっています。
 

高性能ながらも低価格を実現した「moto g50 5G」

moto g50 5G

moto g50 5G

モトローラのmoto g50 5Gは、高機能ながらも公式ストアでの価格は3万2800円と、3万円台で購入できる価格帯になっています。

・5G対応で3眼カメラも搭載
高速通信の5G対応、ディスプレイ6.5インチ、大容量バッテリー5000mAh大容量バッテリー、3眼カメラを搭載と、ハイエンド並みのスペックを誇ります。
3眼カメラ

3眼カメラ

6.5インチディスプレイは90Hzのリフレッシュレートで駆動するため、遅延なく表示が可能です。なお、ディスプレイを斜めから見たときに多少暗くなるため、ハイエンドモデルのディスプレイ品質には劣る部分はあります。

・重さ206グラムで大きめサイズ
本体サイズは大き目

本体サイズは大き目

バッテリーは5000mAhを搭載しており、一般的な使い方であれば2日間は利用できます。なお、大画面と大容量バッテリーのため、本体サイズは幅76.4ミリ×高さ167ミリ×厚さ9.26ミリ、重さは206グラムと、大きなサイズとなります。

・SIMカードはnanoSIM×2のデュアルSIM対応
SIMスロットはデュアル仕様

SIMスロットはデュアル仕様

5G通信に対応しており、SIMカードはnanoSIM×2のデュアルで使用が可能です。microSDカードも利用ができますが、その場合はnanoSIMは1枚だけの利用となります。
 

CPUスペックは高くないものの快適操作

ストレージ128GB

ストレージ128GB

CPUはDimensity 700、メモリー4GB、ストレージ128GBとハイエンド機種より低めのスペックとなりますが、実際に操作してみると、快適な操作となります。負荷のかかるゲームには対応が難しいと思われますが、SNSや動画コンテンツを見るレベルであれば問題なく操作ができます。

・有線イヤホンが使いやすい
3.5mmのイヤフォンジャック

3.5mmのイヤフォンジャック

3.5mmのイヤフォンジャックを搭載しているため、有線イヤホンが使いやすい仕様です。

・ジェスチャー機能が使える
ジェスチャー

ジェスチャー

特徴として、ジェスチャーでさまざまな操作が可能になっており、画面タッチすることなく、本体を動かすことで、カメラを起動したり、ライトを付けるなどが可能になっています。
 

3眼カメラは十分な性能

3眼カメラは、4800万画素、200万画素マクロ、200万画素深度センサーを搭載したことにより、一般的な撮影から、ポートレートモード、マクロ撮影などに対応しています。

・一般的な撮影
3眼カメラの作例

3眼カメラの作例

 ・ポートレート撮影
3眼カメラの作例(ポートレート)

3眼カメラの作例(ポートレート)

 ・マクロ撮影
3眼カメラの作例(マクロ)

3眼カメラの作例(マクロ)

3万円台ながらも、日常用途では十分な性能を持ち、3眼カメラ、大画面、大容量バッテリーを搭載している点は注目すべきポイントといえそうです。ミドルレンジのスマートフォンを利用したいユーザーにおすすめです。


【おすすめ記事】
カメラ機能がすごい! 小型スマホ「iPhone 13 mini」で「シネマティックモード」など3つの撮影機能を試してみた
iPhone 13は「買い」か? 搭載された機能、見送られた機能をチェック
初めての5Gスマホにもおすすめ! 高機能で5万円台を実現した「moto g100」
Googleの新スマートフォン「Google Pixel 5a」はどんな人におすすめの機種か
SIMフリーでおサイフケータイにも対応!「Mi 11 Lite 5G」は薄くて軽い5G対応スマホ
 

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。