アップルが2021年9月に発売した「iPhone 13」シリーズ。計4モデルの中で最小サイズの「iPhone 13 mini」は、小型ながらも高機能なカメラを搭載しています。

発売直後に入手した筆者が、撮影機能も含めて使い勝手をレビューしていきます。
 

5.4インチサイズに凝縮された高機能

iPhone 13 mini

「iPhone 13 mini」

iPhone 13 miniは、画面サイズが5.4インチとなっています。昨今のスマートフォンは6インチ台の大型ディスプレイが主流となっており、5インチ台のサイズは珍しい存在となります。本体サイズは、高さ131.5ミリ×幅64.2ミリ×厚さ7.65ミリ。重さは140グラムとなっており、片手で持ちやすいサイズです。男性であれば、ワイシャツの胸ポケットに無理なく入る大きさですし、女性であれば、手の小さな方でも使いやすいサイズです。

・カメラ機能は上位機種のiPhone 13と同等
iPhone 13 miniのアウトカメラ

iPhone 13 miniのアウトカメラ

小型ではありますが、機能は上位機種のiPhone 13と同等となっています。特にカメラが高機能で、アウトカメラは1200万画素(超広角、広角)の二眼仕様、インカメラは1200万画素と高画素になっており、セルフィーも綺麗に撮影ができます。

・カラーは5色
背面カラーのミッドナイト

背面カラーのミッドナイト

CPUは最新の「A15 Bionic」を搭載。前モデルの「iPhone 12 mini」より高速になり、バッテリー利用時間が延びました。本体のストレージは128GB、256GB、512GBの3種類。カラーは5色(PRODUCT RED、スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンク)で、カジュアルな雰囲気で利用できます。

・SIMカードは「nanoSIM」と「eSIM」のデュアル仕様
SIMトレイ

SIMトレイ

通信は5G通信に対応しており、高速通信が可能です。SIMカードは、nanoSIMとeSIMのデュアル仕様になっています。
 

高性能なカメラを搭載

iPhone 13 miniには、広角・超広角の2つのカメラが搭載されています。機能としてはシネマティックモード、フォトグラフスタイル、ナイトモードなどが利用できます。

・シネマティックモード
動画機能のシネマティックモードは特にユニークな機能で、静止画のポートレートモードのようなボケの大きな動画を撮影できます。フォーカスはAIで自動で合わせていきますので、動きのある人物にフォーカスを合わせることが可能です。
 
シネマティックモード

シネマティックモード

シネマティックモードで撮影例

シネマティックモードで撮影例

・フォトグラフスタイル
フォトグラフスタイルは、写真を後から加工するのではなく、最初から設定した状態で撮影ができる機能です。自分のイメージで写真の撮影が楽しめます。
 
フォトグラフスタイル

フォトグラフスタイル

フォトグラフスタイル「リッチなコントラスト」撮影例

フォトグラフスタイル「リッチなコントラスト」撮影例

・ナイトモード
ナイトモードは、夜景撮影時に写真を合成しながら撮影するモードです。暗いシーンでも綺麗な写真の撮影ができます。
ナイトモード撮影例

ナイトモード撮影例

iPhone 13 miniは、iPhone 13と同等の機能を持ちながらも小型で使いやすい端末です。5.4インチというディスプレイサイズは日常で使いやすいサイズとなりますので、小型のスマートフォンを使いたいユーザーにおすすめです。


【おすすめ記事】
iPhone 13は「買い」か? 搭載された機能、見送られた機能をチェック
iPhone X以前を使っているなら迷わず買い!? カメラ機能が充実した「iPhone 13」シリーズは買うべきか買わざるべきか
「iOS 15」はアップデート「する」「しない」を選択できる! 「iOS 14」を使い続けるメリットは
iOS 15の注目新機能まとめ! 絶対覚えておきたいテクニック
iPhone 11やiPhone 12大幅値下げの今、本当に買うべき機種は? iPhone 13は誰にとって「買い」なのか

 


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。