今から生活資金をどう確保したらよいものか悩んでいます

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、あと1年半ほどで子どもの養育費が終了するという54歳の派遣社員の方です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。
これからの生活資金はどうしたらいいでしょうか?

これからの生活資金はどうしたらいいでしょうか?



■相談者
おかぴさん
女性/派遣社員/54歳
関西/借家
 
■家族構成
子ども(19歳・専門学校1年)
 
■相談内容
54歳シングルマザーです。あと1年半ほどで養育費の受け取りが終了となり、今から生活資金をどう確保したらよいものか思案中です。現在は毎月20万円を養育費として受け取り、私は時短派遣社員として勤務。現在の職場であと3年間勤務可能。年齢的なものもあり、3年後はフルタイムで他のパート職に就く程度が精一杯かと思っています。

子どもには国の奨学支援金として年間約50万円が支給されますが、全額貯金するため、実際は学費として毎月約5万円の支出計上としました。住宅に関しては、家賃をとにかく抑えたいので、公営住宅への応募を欠かさず行っていますが、いまだ当選せず。かつての実家は姉夫婦の名義となっており、親族が住んでいて、私が入居できる見込みはありません。

雑費には服飾や日用品の購入も含んでいます。わずかな投資がありますが、冒険もできないので、減らなければよい、というレベルでの預け入れ同様の運用です。今のままですと、2年後には経済的破綻が明確と思っています。アドバイスをよろしくお願いいたします。
 
■家計収支データ
相談者「おかぴ」さんの家計収支データ

相談者「おかぴ」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)貯蓄について
子の専門学校の教材道具費として19万円、洗濯機の買い換えに8万円、計27万円の支出が発生。現時点での残高は200万円です。
 
(2)家計収支について
通信費の内訳は、スマホ2台分で4000円、光回線で7000円。オンライン授業が増え、通信を確実にするために契約しました。雑費の内訳は、日用品雑貨1万円、新聞4000円、理容・美容5000円、医療費7000円、雑費8000円(私服通学になったこともあり、主に服飾に使う状況下)。
 
(3)収入、働き方について
自身が、持病などで困難な部分があり、就業時間を優先して選んだ結果、1日4時間の派遣にヒットしました。派遣勤務は初めてです。大変神経を使うため、時間は短くとも疲労がひどく、家事と両立させるためにも現時点ではフルタイムにする意向はありません。問題がなければ更新をしながら、4年後まで勤務可能となります。
 
(4)加入保険について
本人
・生命保険(終身保険70歳払込完了、死亡保障 200万円)=毎月の保険料2000円
・共済(死亡保障1000万円、入院日額5000円)=毎月の保険料2000円
・共済医療特約(入院一時金2万円・手術給付金など)=毎月の保険料1000円
 
子ども
・共済(死亡保障500万円、入院日額2500円)=毎月の保険料1000円
・医療保険(20歳年度末まで、日額5000円)=毎月の保険料700円
 
(5)お子さんについて
専門学校卒業後も、しばらくは同居の予定
 
(6)公的年金について
最新のねんきん定期便で、見込み額は104万4700円。離婚時の年金の分割に伴う「換算給料特例」3415万円
 
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 2年間は現状維持。子どもの卒業と同時に生活の見直しを
アドバイス2 60歳まで、どのように生活を維持していくのかは収入次第
アドバイス3 年金の範囲内で収め、手元資金は可能な限り、残しておく
 
アドバイスの詳細はこちら>>