iPhoneアプリを消せなくする方法

iPhoneアプリを消せなくする方法

iPhoneのアプリを誤って削除してしまった! あるいは、子どもが勝手にiPhoneを操作していて、アプリを消してしまった!

そんな失敗はあるあるですね。今日はそんな失敗が起こらないように、アプリの削除をできなくする方法をご紹介します。

また、削除してしまったアプリの再ダウンロードの仕方についてもお話ししますので、すでに失敗してしまった方も慌てず対処しましょう。
 

iPhoneでアプリを削除できなくする方法

iPhoneでは「スクリーンタイム」という機能を使うことで、iPhoneのさまざまな機能に制限をかけることができます。小さな子どもにiPhoneを渡すときなどに重宝しますので、ぜひ活用しましょう。

参考:子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法
 

「スクリーンタイム」とは、iPhoneの使用履歴を管理・閲覧できる機能。

どのアプリを、どれぐらい使ったか。あるいはiPhoneをどれぐらい持ち上げたかなど。あなたがどれぐらいiPhoneを使ったのかが、統計的なデータとして分析できます。

その結果を活用して、特定のアプリに「一日に使える時間の上限」を設けたり、アプリを使えない時間帯を設定することができます。


それでは早速、アプリの削除ができないようにする設定方法をご紹介しましょう。


1. 「設定」アプリを開き、「スクリーンタイム」を選択。「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。
iPhoneアプリを消せなくする方法

「設定」→「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ


2. 「コンテンツとプライバシーの制限」をオンにします。
iPhoneアプリを消せなくする方法

「コンテンツとプライバシーの制限」をオンに


3. 次に「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップ。「Appの削除」という項目があるので、これを「許可しない」にします。設定はこれで完了です。
iPhoneアプリを消せなくする方法

「Appの削除」を「許可しない」にする

上記の設定をすると、ホーム画面でアプリをぷるぷる震わせても、左上に「×」のアイコンが表示されなくなり、アプリの削除ができなくなります。
iPhoneアプリを消せなくする方法

「×」のアイコンが非表示になった!

 

アプリを削除したくなったら

上記の設定をすると、アプリの削除をすることができません。非常に安心なのですが、「やっぱり削除したくなった」というケースに困ります。

抜け穴的な対処法もないので、削除したくなったら、その都度、同様の手順を踏んで「Appの削除」を「許可」に変更するしか方法はありません。

そのたびにいちいちオン/オフを切り換えるのは面倒かもしれませんが、こればかりは仕方ないと割り切るしかありませんね。
 

過去にインストールしたアプリを探す方法

削除してしまったアプリも、iPhone内にデータが残っていれば、再度インストールすることで復元できる可能性もあります。

過去にインストールしたアプリは、AppStoreアプリから履歴をたどることができます。

「AppStore」アプリを開き、右上のアカウントアイコンをタップ。次に「購入済み」の項目を選択します。
iPhoneアプリを消せなくする方法

「AppStore」アプリで「購入済み」の項目を選択

「自分が購入したApp」を選択すると、過去にインストールしたアプリが時系列順に並びます。ここから直接アプリをインストールすることが可能です。
iPhoneアプリを消せなくする方法

過去にインストールしたアプリをインストールできる



【おすすめ記事】
「iPhone活用術」記事一覧
iPhone持ちながら寝落ちしても大丈夫! 動画や音楽を自動停止させる方法
iPhoneの正しい充電のやり方! バッテリーがヘタるNGな使い方とは
意外と知らない、iPhoneのアプリを完全に削除する方法
iPhoneの「キャリア設定アップデート」とは? すぐ対応したほうが良い? 内容と対応方法を解説
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。