iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

iPhoneは、常に位置情報を取得し続けており、あなたの行動の履歴を保存しています。

iPhoneの設定アプリを利用すれば、「利用頻度の高い場所」を確認することができます。Googleマップアプリを使えば、あなたが移動した経路を振り返ることもできます。

これ自体は非常に便利な機能だと思いますが、同時に、取り扱いに気をつけなければならないものでもあります。

今回は、iPhoneで取得した位置情報を削除する方法や、そもそも保存させない方法、あるいは、保存した位置情報の活用方法をご紹介します。

<目次>
「利用頻度の高い場所」を確認する方法
iPhoneで取得した位置情報を削除する方法
iPhoneで位置情報を取得させない設定
移動した経路「タイムライン」を確認する方法
 

 「利用頻度の高い場所」を確認する方法

まず最初に、iPhoneに保存された位置情報を利用する方法です。iPhoneでは、過去の位置情報を参照して「利用頻度の高い場所」をピックアップしてくれます。

1. 「設定」アプリを起動し、「プライバシー」>「位置情報サービス」と進みます
 
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

設定アプリを起動して「プライバシー」>「位置情報サービス」と進む

​​​2.  一覧の中から「システムサービス」を選択し、「利用頻度の高い場所」を選択
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

「システムサービス」>「利用頻度の高い場所」を選択

3. 「履歴」の項目を選択すると、更に詳細な位置情報が表示されます。マップが表示され、過去にその地点にいた日時を振り返ることができます
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

「履歴」の項目を選択すると、更に詳細な位置情報が表示される

 

iPhoneで取得した位置情報を削除する方法

次に、先ほどの「利用頻度の高い場所」の情報を削除する方法をご紹介します。他人に知られてしまうと悪用される恐れもありますので、リスクを回避したい方は削除しましょう。

1. 「設定」アプリを起動し、「プライバシー」>「位置情報サービス」と進みます
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

「設定」アプリを起動して「プライバシー」>「位置情報サービス」と進む

2.  一覧の中から「システムサービス」を選択し、「利用頻度の高い場所」を選択
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

「システムサービス」>「利用頻度の高い場所」を選択

3. 最後に「履歴を消去」を選択して完了。これで履歴を削除できます
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

「履歴を消去」を選択して完了

 

iPhoneで位置情報を取得させない設定

それでは最後に、そもそもiPhoneで位置情報を取得させない方法をご紹介します。アプリや機能毎に設定を変えられるので、自身の利用シーンに合わせて調整しましょう。

1. 「設定」アプリを起動し、「プライバシー」>「位置情報サービス」と進みます
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

「設定」アプリを起動し「プライバシー」>「位置情報サービス」と進む

2. 「位置情報サービス」をオフにすると、iPhoneで位置情報を取得しなくなります
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

「位置情報サービス」をオフにする

ただしこれをオフにすると、iPhoneを紛失したときに便利な「iPhoneを探す」機能や、マップアプリすら使えなくなってしまうので、正直おすすめはできません。

実用的なのは、アプリ毎に設定を変えること。

3. 「位置情報サービス」の画面で、設定を変更したいアプリを選択。すると、位置情報の取得を「なし」「このAppの使用中のみ許可」「常に許可」という具合に、細かく設定を変更することができます
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

「位置情報サービス」の画面で、設定を変更したいアプリを選択

マップアプリや天気など、位置情報を使用することが前提のアプリは「常に許可」としておいて、その他のアプリは「Appを使用中」や「なし」にしておくといいでしょう。
 

移動した経路「タイムライン」を確認する方法

先ほどまでの情報は、一時的な「スポット」の情報でした。しかしGoogleマップアプリを使うと、自分の移動した経路を「タイムライン」として確認できます。

1. Googleマップアプリを開き、右上のアカウントアイコンをタップ。「タイムライン」という項目を選択します
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

Googleマップアプリを開き、右上のアカウントから「タイムライン」を選択

2. すると、自分の移動経路が地図上に表示されます。右上のカレンダーアイコンをタップすると、過去の日付にさかのぼって移動経路を確認できます
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法

自分の移動経路が地図上に表示される

タイムラインには、Googleフォトに保存した写真も表示されます。写真には、撮影した位置や時間が保存されていますから、それらの情報と連携されるんですね。

「あの日、自分ってどこにいたんだっけ?」「最後にあの場所に行ったの、いつだっけ?」といった、場所に関する記憶を振り返るのに非常に役立ちます。ぜひ活用してください!

【おすすめ記事】
iPhoneで写真の位置情報を消す方法・残さない方法
iPhoneが重いときの対処法まとめ! 本当に効果的なものだけ
iPhoneのカメラをいつでも一瞬で起動する3種のテクニック
iPhoneの文字入力スピードが5倍以上になる14のテクニック
iPhoneの着信/通知音量とサウンド音量の違い! 変更方法は?


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。