子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

iPhoneを使っていると、ついつい夢中になってしまって、時間を忘れて使いすぎてしまいますよね。それは自分自身だけでなく、子供もそう。筆者も、娘にiPhoneを貸すと、こちらが止めるまで熱中してしまいます。

そんなときに役立つのがiPhoneの「スクリーンタイム」という機能。

これは、アプリを使用している時間を管理できる機能。アプリごとに、使ってきた時間を振り返ったり、使用できる時間を制限できたりします。

「スクリーンタイム」を上手に使えば、iPhoneの使用時間を制限することができます。子供が使用するiPhoneの管理だけでなく、「iPhoneからの誘惑」への自制にも役立ててください。
 

「スクリーンタイム」機能とは

設定アプリを開き、「スクリーンタイム」という項目を選択。進んだ先の「すべてのアクティビティを確認する」を選ぶと、iPhoneの使用履歴を事細かに確認・分析することができます。

・設定の「スクリーンタイム」から「すべてのアクティビティを確認する」を選択
子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

iPhoneの使用履歴を事細かに確認・分析

​​​​この画面から「いつ」「どんなアプリを」「どれぐらいの時間」使っているかを知ることができ、「1日/1週間でのiPhoneの使用時間」「アプリのカテゴリ別の使用時間」「アプリの起動回数」「先週との比較」などなど、iPhoneの使用遍歴について詳しく分析してくれます。
 

アプリに使用時間の制限をかけられる!

スクリーンタイムを利用すると、アプリに使用時間の制限をかけることができます。

「一日○時間まで」や「一週間で○時間」といった時限設定が可能。また「SNSは一日○時間まで」などといった、アプリのカテゴリ単位での設定もできます。「ゲームは一日1時間まで!」といった伝統的ルールも簡単に作れてしまいます。

1. 
先ほどの「スクリーンタイム」の画面から、「App使用時間の制限」という項目をタップ。進んだ先から「制限を追加」を選択します。
子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

スクリーンタイムの「App使用時間の制限」から「制限を追加」を選択

​​​​​​2. 
制限をかけるアプリを選択します。アプリはカテゴリ単位で選択することもできるし、個別のアプリを指定することもできます。
子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

カテゴリ単位または個別のアプリごとに指定できる

3. 
一日あたりで使用できる時間を設定します。曜日ごとに時間を変更することも可能。「平日は30分、休日は1時間」といった細かい設定ができます。
子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

一日あたりで使用できる時間を細かく設定できる

これで設定完了。

4. 
使用可能時間を過ぎたアプリは、ホーム画面で暗くなります。それでもアプリを使用しようとすると、「制限時間を超えました」のアナウンスが表示されます。
子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

使用可能時間を過ぎたアプリを使おうとすると「制限時間を超えました」のアナウンスが表示される

5. 
「OK」を押せばアプリが閉じます。「時間延長の許可を求める」を押すと、時間の延長を要求できます。
子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

時間の延長を要求することもできる

ただしこのままだと、無条件で時間が延長できてしまいます。これでは意味がありませんよね。そこで「スクリーンタイム・パスコードを使用」を設定します。

6. 
4桁のパスコードを設定することで、時間の延長にパスコードを要求させること可能。「パスコードを知らない人は、勝手に時間の延長ができない」ということになります。
子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

パスコードで延長を制限できる

 

iPhoneを使用できない時間帯を設定する

先ほどまでは「アプリごとに使用できる時間を制限する」という機能でしたが、次は「iPhoneを使用できる時間帯」を設定する方法です。

1. 
先ほどのスクリーンタイムの画面から「休止時間」を選択。iPhoneを「使えなくしたい時間帯」を設定します。
子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

iPhoneを「使えなくしたい時間帯」を設定する

2. 
曜日ごとに休止時間を変えることも可能です。
子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

曜日ごとに休止時間を変えられる

休止時間になると、特別に許可したアプリ以外はすべて使用できなくなります。

3. 
もし「休止時間中でも使用したいアプリ」があるなら、スクリーンタイムの設定画面の「常に許可」の中から、許可したいアプリを設定しましょう。
子供が使うiPhoneに使用できる時間を制限する方法

「休止時間中でも使用したいアプリ」を選択

 

まとめ

  • スクリーンタイム機能では、iPhoneの使用履歴を事細かに確認・分析できる。
  • 「App使用時間の制限」を使えば、アプリごとに使用できる時間の制限がかけられる。
  • 「休止時間」を使えば、アプリを使えなくする時間帯を設定できる。
  • 制限を利用するときは、スクリーンタイム・パスコードが大切! 制限を超えてアプリを使うときにパスコードが求められるようにしよう。

【おすすめ記事】
「iPhone活用術」記事一覧
子を持つ親が絶対にしてはいけないiPhoneの5つの設定項目
iPhoneのパスコードを簡単な4桁の数字にする方法
iPhoneの写真整理! アルバムを作成・削除する方法
iPhoneが自動保存している行動履歴の確認と削除方法
iPhoneで写真の位置情報を消す方法・残さない方法

 


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。