「忘れ物防止タグ」と呼ばれるIoT(Internet of Things)製品があります。財布などに入れておくことで、Bluetooth通信を利用してタグのある場所を検索できるものです。クラウドサービスを利用してユーザー間で情報を共有することで、忘れ物の近くにいるユーザーのスマートフォンから位置情報を取得することも可能です。

このたび、アップルから忘れ物タグ「AirTag(エアタグ)」がリリースされました。他社の忘れ物防止タグとは何が違うのでしょうか。実際に使ってみて分かった特徴を紹介します。
AirTag(エアタグ)

AirTag(エアタグ)

 

「忘れ物防止タグ」とは

忘れ物防止タグとは、財布や鍵などに取り付けておくことで、スマートフォンと連携し、音を鳴らして探したり、接続が切れた場所を記録したりできるデバイスです。Bluetooth通信を利用しているため、Bluetoothが届く範囲にある場合(30~60m)は、スマートフォンに近くにある旨の通知が来たり、タグが音の出るモデルは、スマートフォンからタグの音を発生させることで見つけたりすることができます。

また、スマートフォンとペアリングが切れた場所を記録するため、地図上で落とした場所の目安をつけることができます。

クラウドサービスを利用しているタグの場合は、忘れ物をしたタグの近くを通過した他のユーザーのスマートフォンとBluetooth通信をすることで、忘れ物をしたユーザーに位置情報を通知する仕組みがあります。ユーザー間の情報はセキュアになっており、ユーザー数が多ければ多いほど、忘れ物を見つける確率が高くなります。
 

アップル「AirTag」とは

アップルから2021年4月30日に忘れ物防止タグ「AirTag」が発売されました。直径31.9×厚さ8mm、重量11gのコイン型モデルです。
AirTagの価格は1個3800円。4個セットが1万2800円(各税込)

AirTagの価格は1個3800円。4個セットが1万2800円(各税込)

AirTagは「UWB(超広帯域無線)」を活用するU1チップを内蔵しており、連携するiPhoneにAirTagまでの正確な距離と方向を表示できます。なお、この「正確な場所を見つける」を使える機種は、iPhone 11以降となります。
AirTagの「正確な場所を見つける」機能で方向を表示

AirTagの「正確な場所を見つける」機能で方向を表示 
 

AirTagが優れている点

他社製品と大きく違う点としては、「AirTag」は10億台のアップル製デバイスで構成されるネットワークが利用できるため、忘れ物をした場合、見つけられる確率が非常に高くなる点です。他の忘れ物防止タグは別途アプリが必要ですが、「AirTag」の場合は、iOSの標準機能である「探す」で見つけることができるのです。
「探す」機能でAirTagの位置情報を表示

「探す」機能でAirTagの位置情報を表示

紛失したAirTagから発せられたBluetoothでの信号を他のユーザーが受信することで、ネットワークを通じて、持ち主に位置情報を伝えてくれます。なお、この通信は暗号化されており匿名性が保たれています。また、NFC対応デバイスにAirTagを当てることで、持ち主が登録していた電話番号が表示される機能もあります。

AirTagを財布や鍵に付けておくことで、いざというときに備えたいですね。


【おすすめ記事】
iOS 14.5は「Apple WatchでiPhoneをロック解除」だけじゃない! 日本ユーザーが早めにアップデートすべき理由
アップル「AirTag」のすごい機能を解説! 家の中でも外出先でも、なくし物が見つかる
「Apple Watchを持ってて良かった!」マスク姿でもiPhoneのロック解除が可能に!
ahamo、povo、LINEMOへの乗り換え時に注意! Apple Watch単体で通話ができない


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。