アップルは4月27日未明、iPhone向けOS「iOS 14.5」の配信を開始した。iPhoneユーザーはiPhoneの「設定」アプリ→[一般]→[ソフトウェア・アップデート]からアップデートできる。
「設定」アプリを開き、[一般]→[ソフトウェア・アップデート]からアップデートできる

「設定」アプリを開き、[一般]→[ソフトウェア・アップデート]からアップデートできる
 

マスクをつけたままFace IDの解除が可能に

iOS 14.5で最も注目すべきアップデートはApple Watchとの連携だ。

この1年、コロナ禍となり、マスクをつけるのが日常となった。しかし、最近のiPhoneでは「Face ID」という顔認証を用いて、ロックを解除している。マスクを装着しているとFace IDが反応せず、パスコードを入力したり、マスクをずらしたりして認証させる必要があった。

1日に何度もiPhoneのロックを解除するとなると、そのたびにパスコードを入力する必要があり、とても面倒であった。そのため、指紋認証である「Touch ID」のほうがいいというユーザーもいたほどだ。

そんな不満が挙がる中、アップルではApple Watchを組み合わせることで認証するようにiOS 14.5から進化させた。

Apple Watch Series 3以降を使用し、iOS 14.5と同タイミングでリリースされた最新OS「watchOS 7.4」にアップデートしていれば、簡単にiPhoneのロック解除ができる。
iOS 14.5にアップデートすると、iPhoneの「Watch」アプリからwatchOS 7.4がインストール可能になる

iOS 14.5にアップデートすると、iPhoneの「Watch」アプリから「watchOS 7.4」がインストール可能になる

Apple Watchを装着する際、最初にロック解除を行う。これによりユーザー本人であると認証され、あとはiPhoneとApple Watchが常に接続されていることから、iPhoneのロック解除手続きを簡便化する方法を採用したのだ。

これまでマスクをしていて「iPhoneのロック解除が面倒」と嫌気がさしていた人も多いだろう。ひょっとするとiOS 14.5の登場により、Apple Watchがバカ売れする事になるかも知れない。

ただ、この機能ではiPhoneと連携したApple Watchを装着した人が近くにいると、本人以外でもロックが解除できてしまう。近くにいる他人がiPhoneを奪って、中身を見ることもできてしまうので、Apple Watchによるロック解除はオフにしておくこともできる。
 

もう一つの注目「AirTag」

もう一つ、iOS 14.5によってバカ売れしそうなのが、アップルの新製品「AirTag」だ。
「AirTag」

「AirTag」

AirTagはオセロの石ぐらいの大きさで、鍵やカバン、財布などにつけておくと、iPhoneで所在場所を探せるというものだ。

値段は1つ3800円(税込)。街中に落としてしまっても、世界中に10億以上あるiPhoneが連携し、探索の手伝いをしてくれる。また、「すぐ近くにあるはずなのに見つからない」という時も、AirTagから音を出すことができ、さらにiPhone 11およびiPhone 12であれば、AirTagとの距離や方向も知ることができる。

iPhone 11およびiPhone 12には超広帯域無線(UWB)に対応したU1チップが内蔵されている。これにより、対象物との距離や方向が分かるのだ。
シンプルな設定でiPhoneと接続できる

シンプルな設定でiPhoneと接続できる

実際にAirTagを購入し設定する際には、AirTagをiPhoneに近づけるだけでいい。その際、まだiOS 14.5にアップデートしていない場合は、アップデートするようにとメッセージが出てくる。

iOS 14.5になっていれば、すぐにiPhoneの画面上にポップアップでAirTagの設定画面が出てくるので、誰でも簡単に設定が可能だ。

>まだまだある、「iOS 14.5」で進化したポイント