国内でも進む新型コロナウイルスワクチンの接種

ワクチンに懐疑的な人が知っておくべき考え方とは

ワクチンの基本的な知識もおさえましょう

現在始まっている新型コロナウイルスワクチンは「遺伝子ワクチン」と呼ばれるものです。ワクチンの種類としては「生ワクチン」「不活化ワクチン」などがよく知られていると思いますが、「遺伝子ワクチン」というものはほとんどの方が聞き慣れない名前かと思います。耳慣れない種類のワクチンを不安に感じられる方もいるかもしれませんが、そもそもワクチンの危険性・安全性はどう考えるのがよいのか、解説します。
 

ワクチンの種類と新型コロナワクチンの危険性・安全性

そもそもワクチンは、病原体に対する特異的な免疫を獲得させるための医療行為です。弱毒化または死滅させた病原体および病原体の成分を含む医薬品を使い、感染症の予防を行うために予防接種を行います。

「生ワクチン」は、弱毒化した病原体を使用しています。生ワクチンは免疫獲得に効果的な一方、予防接種によって予防すべき疾患を発症してしまう可能性があり、特に免疫不全の場合には危険性が高くなるため注意が必要です。

「不活化ワクチン」は、死滅させた病原体および病原体の成分を含むワクチンなので、予防接種を受けて発症することはありません。しかし免疫獲得のために、複数回接種する必要があります。

今回の新型コロナウイルス感染症に対するワクチンは、不活化ワクチンとしてDNA、mRNA(メッセンジャーRNA)などの核酸によるワクチンおよびウイルスベクターワクチンが開発されています。従来のタンパク質ではありませんが、これらのワクチンは迅速に実用化することができ、パンデミックに有効なワクチンだと考えられています。

■mRNAワクチンのはたらき
  1. 人体および環境中で簡単に破壊されないように、mRNAの構造を最適化
  2. 脂質ナノ粒子で包んで分解を防ぎ、体内で細胞に取り込まれる
  3. mRNAから病原体の一部であるタンパク質が作られ、そのタンパク質に対して免疫細胞が認識して疾患を予防する

少し専門的な解説になりますが、ウイルスベクターワクチンは、「病原体の遺伝子の一部を持つ病原性のないウイルスベクター(運び屋)」を体内に入れることで、ベクター内の遺伝子からタンパク質を作らせ、そのタンパク質を免疫細胞が認識することで免疫をつける、という仕組みです。

「遺伝子ワクチンは安全なのか?」「mRNAワクチンは従来の方法ではないから不安だ」と心配される方もなかにはいらっしゃるようですが、そもそもワクチンというものは、その病気を発症してしまった場合のリスクと、ワクチンの副反応のリスクを天秤にかけて考えるものです。従来の方法で広く使われている生ワクチンも、効果も大きい反面、リスクもゼロではありません。生ワクチンが危険だから接種を受けずに病気に罹患した方がよい、という考えにならないのと同様に、遺伝子ワクチンは危険だと短絡的に考えるのは避けるべきかと思います。
 

ワクチン接種のリスクと安全性は? 接種のメリット・デメリット

先述の通り、新型コロナウイルスのワクチンに限らず、全てのワクチンにはメリットとデメリットがあります。これまで開発された数多くのワクチンの中には、十分な効果が得られなかったものもあります。ここでは特定の疾病に対して「効果があるワクチンである」という前提で解説いたします。

■ワクチン接種のメリット
  • 治療法のない、または治療法はあるが重篤になる危険性がある感染症に対して、発症、感染、重症化を防ぐことができる可能性がある
  • 集団接種することで感染の流行を抑えることができる
 
■ワクチン接種のデメリット
  • 健康な人に接種するため、ワクチンによってアナフィラキシーを含めて副反応がおこる可能性がある
  • ウイルスによっては、ワクチンによって獲得された免疫が、感染により強い免疫反応を起こす可能性がある

新型コロナウイルスのワクチンを受けるべきか迷っている方へ

まず、新型コロナウイルスには今わかっている範囲で次のような特徴があります。
  • 発症前に感染させる力がある
  • 無症状でも感染させる可能性がある
  • 重症化する可能性がある
  • 後遺症が残る可能性がある
これらの性質を考えると、感染しない・感染させないためには、各々が外出を控え、隔離生活に近い生活を継続するしかありません。現在の日本での新型コロナウイルス感染症の状況を考えると、緊急事態宣言の状態を維持し続けられるのであれば、ワクチンをしないという選択肢もあるかと思います。

しかし、経済活動を維持することを始めとし、社会生活を送る中では人の行動が制限されない方が望ましいことは明らかかと思います。そうである以上、確立した治療方法がない現段階で感染拡大を防ぎ、かつ隔離生活をせずに生活をするためには、集団免疫に期待するしかありません。自然免疫による集団免疫ではリスクが高いので、やはり望ましいのはワクチンによる集団免疫の獲得です。そしてワクチンによる集団免疫を獲得するためには、集団全体である程度の接種率がないといけません。天然痘のようにワクチンによって撲滅できた例もあるように、ワクチンによる集団免疫によって感染症の拡大を抑えることを目指すことが重要な時期ではないでしょうか。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項