会社を辞めると再就職などはほぼ無理だと思います

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、コロナ禍により会社が休業して、月収が減ってしまった58歳の会社員女性。このまま早期退職していいのかについて悩んでいます。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
コロナ禍により会社が休業し収入減になりました

コロナ禍により会社が休業し収入減になりました


■相談者
TOUR EIFFELさん
女性/会社員/58歳
関西/持ち家(マンション)
 
■家族構成
シングル
 
■相談内容(原文ママ)
母が亡くなりました。コロナ禍の中、会社が休業してしまい早期退職に応じるべきかどうか思案しています。減収して手取りが16万円です。昔から預金のほとんどは、個人年金にしており、65歳からの5年間は400万円/年と、おおよそ現在の手取り程度がもらえるようになります。会社を辞めると再就職などはほぼ無理だと思います。年金が始まるまで5年ほどをどうするかというところで迷っております。退職後は、年に2、3回の海外旅行 (予算80万円程度)、習い事、スポーツジム通い、ボランティア活動をするつもりです。マンションの住宅ローンは完済しましたが管理費(駐車場を含む)が発生しています。改装は特に考えていませんが、電化製品の買い替えが必要そうです。改装工事をするならば、500万円程度が必要と見込んでいます。車は、あと5年程度乗るつもり。その後はカーシェアリングにするつもり。

75歳ごろにはマンションから老人ホームへ移ろうと考えています。退職のタイミングは今なのか、それとも2年今の状態でいて、退職時に、コロナが収まっていれば再雇用であと2、3年働くべきか。公的年金は、63歳から、特別老齢厚生年金90万円/年。65歳から老齢厚生年金170万円/年。相続と生命保険でおおよそ1500万円。また、退職金はおおよそ800万円の予定です。
 
アドバイスいただければ幸いです。
 
■家計収支データ
相談者「TOUR EIFFEL」さんの家計収支データ

相談者「TOUR EIFFEL」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)ボーナスの使い道
年払いの保険約50万円、海外旅行30万円、貯蓄20万円
 
(2)家計収支について
会社の休業前の収入は26万円でした。データの支出で残った分を貯蓄としています。現在手取りが10万円マイナスとなっております。普通預金から補填しながら生活をしています。アルバイトを探していますが、なかなか見つかりません。
 
(3)保険について
・終身保険(死亡保障500万円、60歳払い済み))=毎月の保険料1万円
・がん保険(10年保障、以降10年ごと自動更新、入院日額1万5000円、手術給付金20万円)=毎月の保険料5500円
・共済(病気死亡400万円、入院日額4500円)=毎月の保険料2000円
 
(4)個人年金について
【1】外貨建て個人年金保険(60歳から年30万円、5年確定)=110万円払い済み
【2】個人年金保険(60歳まで払込、61歳から年40万円、終身<15年保証>)=年払い保険料12万円
【3】個人年金保険(62歳まで払込、62歳から年156万円、10年確定)=毎月の保険料13万円
※保険料は、投資信託の分配金を振替
【4】外貨建て個人年金保険(60歳まで払込、60歳から年40万円、終身<10年保証>)=年払い保険料48万円
【5】外貨建て個人年金保険(70歳から年25万円、20年確定)=360万円払い済み
 
※外貨建ての個人年金が3本です。元本割の可能性は理解しています。
【4】【5】については、払込総額より受け取り時点のレートが良ければ、一括で受け取ることも考えています。
 
(5)退職について
退職金予定額は60歳まで働いた場合の予定額です。早期退職の割増ありません。現時点での退職だとマイナス50万~60万円程度だと思います。早期退職したい気持ちもありますが、いきなり収入がなくなることとコロナ禍で新しい道に踏み出す不安を感じており、とりあえず今のままでもいいのか迷っております。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 すぐに退職しても、金銭的に困ることはまったくない
アドバイス2 62歳から収支は黒字になり貯蓄の上乗せが可能
アドバイス3 ゆっくり休んでから、次のことを考えればOK
 
アドバイスの詳細はこちら>>