大掃除をスルーしたいけど、しないのもモヤモヤするならこれを!

今から大掃除なんてムリ~!でも気になる~

今から大掃除なんてムリ~!でも気になる~

年末大掃除なんてできる状況じゃない、というのはこの時期よく聞く嘆きの声です。家事アドバイザーとして雑誌の「半日」「3時間」大掃除といった取材にも何度か協力させていただきましたが、今や夫婦でフルタイム勤務が一般的な世の中、半日フル回転で大掃除というのも酷なもの……。正直、やらないのもひと案だと思います。

ただ、「そうなんだけど、何もしないのはモヤモヤする」というあなた! もはやこの時期できることは限られるため、気分が上がる「一カ所だけ掃除」で一緒に乗り切りませんか?

大掃除の定番スポットである普段は掃除しない場所は、思い切って来年へもち越しましょう。急に掃除をして不要なものが発生しても、年内のゴミ回収には間に合わないかもしれません。中には年末年始以外の適する時期に掃除すべき場所だってあります。
 

「いつもの掃除」は少し丁寧を心がけよう

普段しない場所の掃除をパスしようとする方でも、いつもの掃除は少し丁寧を目指しましょう。

普段している最低限の掃除は、汚れやウイルス対策として家族の健康を守る大切な家事。外出から帰ってからのいつもの生活動線上を清潔に保つために、玄関の土間や廊下の掃き掃除や拭き掃除、リビングダイニングの衣類や本などを片付けて掃除機やモップをかけ、トイレやお風呂、キッチンを掃除する――普段どおりでも、ひと通りとなると結構な労働量ですよね。

「今年もありがとう。来年もよろしくね」と心の中で思いながら進めると、いつもの掃除がちょっと丁寧になり、気持ちよく年が越せますよ!
 

気持ちが上向く一カ所だけ、きれいが目立つ掃除を

たった一カ所に絞って大掃除するというやり方は、自分にとってお気に入りであったり、いつも目につく場所やものであることが大切です。そんな場所で「きれい」が感じられれば、新年を迎えた後に日々の暮らしをちょっと上向きな気分にさせてくれます。
シンク、排水口、蛇口は健康に直結する衛生管理が大事な場所。綺麗になっているとやる気も出ます。

シンク、排水口、蛇口は健康に直結する衛生管理が大事な場所。きれいになっているとやる気も出ます。

わが家の今年の一つは、リビングのシャンデリアでした。6つの小さなガラスシェードからなる照明は、凹凸も多いため普段掃除しにくく、好みで購入したものの今なら買わないかもと悩んだほど。何年も軽い埃取りだけしていたのですが、今年は一つずつ外して拭きあげたら、ガラスの透明感が戻りリビングがびっくりするほど明るくなりました。積もった汚れのすごさを反省しましたが、上を見るたびに幸せ気分です。

みなさんもそんな気分が上がる掃除スポットをどこか一つ選んでみてください。自分ができそうなものでいいですよ。例を挙げてみます。
 
  • 自分のお気に入り趣味小物を拭き、整理する
  • リビングの飾り棚を整理整頓して拭き、何か一つ季節を感じられるものを置く
  • ダイニングテーブルを磨き、物を置いてない状態にする
  • テレビ周りをミニマムに整える
  • パソコン周りを整理整頓して使いやすくする
  • 一番よく目につく窓を、内側からだけでよいので拭いてクリアにする
  • 玄関に入って真正面にある場所をきれいにする
  • 玄関扉を拭いてツヤぴかにする
  • 玄関まわりにある靴や物を最低限にする
  • ポストをきれいに拭く
  • 家中のドアノブを拭いてピカピカに
拭き掃除の正しいやり方は「床や窓、鏡がピカピカに輝く「拭き掃除」のハウスクリーニングのプロ技!」を参考にしてください。

まだまだいきますよ!
ドアノブ、蛇口、トイレのパイプなど金属は磨くと光り、きれいな印象がググっと上がり、自分も元気に!

ドアノブ、蛇口、トイレのパイプなど金属は磨くと光り、きれいな印象がググッと上がり、自分も元気に!

  • キッチンのシンクだけクリームクレンザー等で磨く(仕上げに乾拭きを)
  • 洗面所の鏡を隅々までぴかぴかにする
  • お風呂の鏡か棚か窓、どれか一カ所きれいに拭く
  • お風呂のボトル(シャンプーやボディソープなど)の裏と置き場所をきれいにする
  • トイレにあるものを最低限に整える
  • クローゼットの中も掃除機をかける
  • いつもの所持品、バッグ・お財布・携帯などを整えきれいにする
  • (ある人は)神棚や神社などの御札置き場を拭く

いかがでしょう? この他でも、きれいにしたら自分の気持ちが上向くような場所やものがあればぜひお試しを! 何か一つだけですよ。
 

思い切って来年以降に! 先延ばしが実は正解な掃除スポットも

この時期しかできない掃除ならば何としても頑張るべきですが、来年以降に先延ばしした方が正解な場所もあります。

●冷蔵庫・食糧庫・収納庫など
ゴミ出しが発生するので先に延ばしてOK

●窓掃除
四半期ごとにやるとよいといわれます。花粉が飛ぶ前の1月下旬頃にすれば付着を防ぐ利点はありますが寒い……ならば次のタイミングは春の強風が静まるゴールデンウイーク頃に!

●コンロ周り
油汚れは、暖かい時期の方が油分が緩んで落としやすいですよ

●ハウスクリーニング
依頼するなら、大掃除シーズンを外したら割引があるかも!?

などなど!


最近は、専業主婦だって年末の大掃除はせず、年間で分散したりプロに依頼したりと暮らしの再考、多様化が進んでいます。健康維持のためにもやらねばならない掃除や整理整頓は、自分に合ったタイミングで一年を通した『my家事ごよみ』をスケジューリングしておくと、いろいろな事情の中でもなんとかなりやすくなります。無理のないペースで来年もがんばりましょう!

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。