なかなか落ちないマスクのメイク汚れにぴったり

なかなか落ちない、マスクに付いたメイク汚れを落とすのに最適


今や日々の必須アイテムでもあるマスクですが、1日付けたマスクの裏には、ファンデーションやリップなどが付いてしまうこと、ありますよね。

メイクの汚れは油分を含んでいたりするので、いつもの洗濯機洗いではなかなか落ちないことも。そんなときに活躍したのが「資生堂」の「スポンジクリーナー」でした。

もとはファンデーションのパフやメイクブラシの汚れをきれいに落としたくて購入したのですが、実はマスクのメイク汚れ落としにも効果抜群ということが発覚! 洗濯機では落ちにくい汚れがすっきり落ちるので、忙しい女性にもぴったりです。
   

落ちにくいメイク汚れをすっきり落としてくれるクリーナー

 
資生堂 スポンジクリーナー 750円(税抜)

マスクのメイク汚れ落としにも使える「資生堂 スポンジクリーナー」


ある日、ドラッグストアのレジ待ちの列に並んでいたところ、「マスクのメイク汚れもスッキリ落ちます!」と書かれたポップが目に留まりました。気になって商品に目をやると、なんと馴染みのある資生堂の「スポンジクリーナー」がずらりと並んでいたんです。

実はこの「スポンジクリーナー」、ファンデーションやチークブラシなどの汚れが気になって、すでに購入して持っていたもの。「確かに同じメイク汚れだし、すっきり落としてくれそう!」と気になり、帰宅してさっそくトライ。すると本当にきれいに落ちてくれました。

ファンデーションのパフやチークブラシも長く使い続けると、付着したコスメや皮脂などが原因で菌が繁殖してしまう場合もあります。洗わずにずっと使い続けるのは衛生上、よくないのだとか。

メイク道具を衛生的に保ちたくてこのスポンジクリーナーを購入したのですが、お値段もプチプラでトライしやすかったのも◎。

派手な商品ではないですが、雑誌のメイク道具のお手入れ方法などの記事で必ずといっていいほど紹介されていて、よく見かける商品でもあります。ドラッグストアに置かれているので、手に入れやすいのも魅力です。

 

コツはマスクを水に濡らす前に直接使用すること

この「スポンジクリーナー」には、一点だけ使い方のコツがあります。それは「水で濡らす前に、直接メイク汚れ部分に使用すること」です。

これはメイク道具でもマスクでも同じ。先に汚れに直接馴染ませてから、もみ洗いし、洗い流すときれいに落ちます。

特にブラシやパフなどを洗うと、思った以上にパウダーの色が染み出てきたりして、実はこんなに汚れていたんだ……とびっくりすることも。

メイク道具だけでなくマスクの汚れ落としにもぜひ一度使ってみて欲しい、隠れた優秀アイテムです。
 
DATA
資生堂┃スポンジクリーナーN

容量:50ml、120ml
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。