2020年の年末ジャンボ宝くじの発売期間は11月24日(火)~12月25日(金)までの31日間です。当たるも当たらないも運次第。どうせ買うなら、縁起を担いでみるのもひとつの方法かもしれません。運気の良い日や場所を合わせれば、当せん確率が上がるかもしれませんよ。
 

買うならいつがベスト? 

数秘&カラーで運気を見ていくと、2020年は周りの人と情報を共有しながら、慎重に検討していくとよい年です。ただし、2020年は無駄遣いをすると、大けがにつながる可能性も。あらかじめ予算を立てて、その範囲で楽しむことが大切です。

今回の発売期間で金運に結びつく日は、11月29日(日)、12月1日(火)、10日(木)、19日(土)の4日間です。その他、最も金運に縁のある「寅(トラ)の日」といわれている吉日にあたるのが12月1日(火)、13日(日)、25日(金)の3日間です。運気や吉日から考えていくと、12月1日(火)が最も金運のある日になりそうです。

そして11月と12月では、“その月”が持っている運気も違っています。2020年の11月は大切な人とのつながりを意識するとよいとき。家族や親しい友人と一緒に買いにいくとツキがアップします。

2020年の12月は、専門性が問われるとき。「どこのお店で当たりが出た」などの情報を分析することをおすすめします。

ここまで複数の日を掲げていますが、この中から最も良い日を選んでもよいですし、場合によっては複数回に分けて購入するというのもアリですね。
 

金運の良い場所は?宝くじを買うならここ!

運気の良い日に続いて、運気の良い場所についても押さえておきましょう。11月の運気の良い場所は、ロマンティックな場所の近くにある売り場です。クリスマスらしい大きなツリーが見える場所なら完璧ですね。また、水辺の近くの売り場もよさそうです。
 
購入時間は、夕方の黄昏時が◎です。「ロマンティックな場所×宝くじ売り場」は、なかなか難しいかもしれませんね。そのような場合は、ロマンティックに感じられるモノを身に着けるとよいでしょう。2020年の11月は、ピンクとブルーがラッキーカラーになります。この2色のアイテムやアクセサリーを身に付けるのもよいかもしれませんね。

12月の運気の良い場所と購入時間も夕方が◎です。場所は、過去に当たりが出たことのあるお店がおすすめです。専門性がツキを呼びますので、宝くじのみを売っている場所がよいでしょう。また、2020年の12月はバイオレットやパープルがラッキーカラーになります。これらの色をファッションや小物に取り入れてみるのもよいでしょう。
 

イメージすることも大事!

宝くじの楽しみは、当選したら何を買うのかを考えること。どうしても欲しいものがあるなら、手に入れたことをイメージすると手元に届きやすいと言われています。しっかりイメージできたら、宝くじにプラスαの幸運が訪れるかもしれませんね。
2020年年末ジャンボ宝くじ

もし当せんしたら……何を買う?

 
毎回お話ししていますが、購入するときには前回までに当せんしたお金を購入資金にあてると、運気はさらにアップします。さらなるツキを呼び込むことも忘れてはなりません!

とはいえ、宝くじの狙い方は参考程度に!? くれぐれも買い過ぎに注意しながら、年末ジャンボを楽しんでくださいね。みなさんに幸運が訪れますように!


【関連記事・動画をチェック!】 ​​​​​​​


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「赤字家計から抜け出せない」「老後貯蓄が不安」「家族がこっそり借金をしていることがわかった」などの悩みについて、同じような悩みを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。