年齢の割に貯蓄がなく、2人目の子の教育費や、老後のお金が心配

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、パートで働く38歳の主婦の方。貯蓄を増やそうと家計を見直し、その甲斐あって改善したのも束の間。コロナウイルスの影響で、夫が減収となり、また赤字家計に……。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★
 
夫が減収でまた赤字家計に

夫が減収でまた赤字家計に


■相談者
りんさん(仮名)
女性/パート/38歳
中部地方/実家
 
■家族構成
夫(会社員/38歳)、長女(高校2年)、長男(4歳)、義父(60代)
 
■相談内容
年齢の割に貯蓄がなく、2人目の子の教育費や、老後のお金が心配です。今までは、毎月の赤字分をボーナスで補填する生活をしており、ボーナスはほぼ使い切るような生活をしていましたが、これではいけないと思い、保険の見直しや格安スマホへの変更、家計の見直しをした結果、毎月の赤字はなくなり、ボーナス分を貯蓄に回せるはずでしたが、その矢先、コロナの影響で夫の月収が残業カットと減給で7万円(手取りで5万7000円)下がり、また毎月赤字になりました。ボーナスも今後減額されるかもしれません。
 
私の働き方としましては、現在は息子が幼稚園に行っている間の午前中のみのパートを週2日と、自宅でできる内職のようなものをしております。息子が小学生になったら扶養の範囲内で月8万円くらい稼ぎたいと考えています。
 
住居費は義父の持ち家ですが、今は毎月1万円のみ支払っていますが、いずれは自分達でやっていかなければならないので、その時は月5万円程度かかりそうです(固定資産税、光熱費など。下の子が小学校入学したころを予定)。
 
車両費は乗用車と軽自動車の2台です。車のローンが月2万3000円。残り5年。ガソリン代が2台で1万5000円。田舎のため、車が2台必要と考えています。
 
お小遣いは主人のタバコ3万円(たぶんやめられない)、主人のお昼1万円、主人小遣い1万円、私小遣い5000円、娘小遣い2000円(娘はアルバイトをしているので、自分のスマホ代は出してもらっていて、お小遣いも減らしています)。私は以前はお小遣いは無く、家計から出していましたが、加減がわからなくなるので、自分のタバコをやめて、お小遣いを堂々ともらうようにしました。
 
■家計収支データ
相談者「りん」さんの家計収支データ

相談者「りん」さんの家計収支データ


■家計収支データ補足
(1)ボーナスからの使いみち
ボーナスのうち、自動車ローンのボーナス払い分が13万円×年2回、妻のガン保険の年払い1万3000円、他に2台分の保険代、税金、車検代、および高校の費用(部活費、進路指導費、生徒会費など)と幼稚園費用で計76万円。残りから生活費を補てん。残りは貯蓄の予定。
昨年まではボーナスもほとんど残らないほど、毎月の生活費が赤字だった。
 
(2)自動車の買い替えについて
乗用車はローンがあと5年。買い替え時期は5~7年後を予定。買い替え費用は300万円(うち下取りで100万~200万円)。2台のうち1台は軽の中古。乗りつぶすつもりで、買い替え時期は7年以上。買い替え費用は50万円。
 
(3)ご実家の維持コスト
築年数は20年くらい。外壁と屋根の補修は10年後くらいにしないといけない。キッチン、バストイレのリフォームもしたいが、今すぐは難しいので「自分たちがリタイアするまでには」とのこと。
 
(4)加入保険の保障内容
[夫]
・逓減定期保険(死亡保障1800万円)=毎月の保険料2600円
・医療保険(終身保障終身払い、入院日額7000円)=毎月の保険料2500円
・団体保険(死亡200万~400万円、入院日額2000円)=※給与天引き

[妻]
・医療保険(終身保障終身払い、入院1万円、女性疾病特約3000円)=毎月の保険料4200円
・がん保険(終身保障終身払い、入院1万円)=年払い保険料1万3000円(ボーナスより)

[子ども]
・長女/学資保険(17歳満期、満期金80万円)=毎月の保険料5000円
・長男/学資保険(15歳払込、18歳満期金180万円)=毎月の保険料1万円
 
(5)実施した家計の見直し内容
相談者コメント「自分で考えてやった程度ですが、食費を8万円→5万円、雑費8万円→3万5000円、スマホを格安スマホに変更で1万5000円→9000円、自宅のウォーターサーバー解約、生活費全般を好きなように使っていたのを、項目ごとに予算を決めた。毎週末の外食はやめて自炊に。毎年ボーナスで20万円程度買っていた主人の洋服を、買うのをやめた、などです」
 
(6)高校卒業が近づいている長女の進路について
大学は考えていない。自宅から通える範囲での専門学校(予算200万~300万円)か就職を予定。予算以上にかかりそうな場合は奨学金なども検討する可能性あり。
 
(7)夫の再雇用と退職金について
定年は58歳、再雇用で65歳まで勤務可能。退職金制度があり。不確定だが500万円程度では、とのこと。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 今後3年は「毎月赤字を出さない」ことが家計目標
アドバイス2 できればフルタイム勤務を目指したい
アドバイス3 継続的な自動車ローンの負担を回避する
 

アドバイス1 今後3年は「毎月赤字を出さない」ことが家計目標

りんさんは赤字家計を改善するため、昨年、自身で家計を見直されました。月額で8万円近く生活コストを下げたのですから、実に立派です。しかし、今年になって新型コロナウイルスの影響でご主人が減収。再び赤字家計になってしまったとのこと。落胆の思いかもしれませんが、先の見直しをしたからこそ、赤字幅も最小限に収まったともいえます。前向きにとらえ、再度、家計の立て直しを目指してほしいと思います。
 
まずは現状の家計収支ですが、データによれば月1万2000円の赤字。ボーナスについては、家計改善後の初のボーナスですから、実際どのくらい貯蓄できるかは不明ですが、使いみちが決まっている支出を差し引くと、残りは54万円。ここから生活費の補填をすると、年間で約14万円ですから、差し引き40万円。計算上、これが年間で貯蓄できることになります。ただし、ボーナスが減額されないという前提での金額です。
 
家計はいろいろ見直しをされたわけですから、新たにコストを下げる余地は少ないかもしれません。保険についても、必要な保障を無駄なく上手に確保しています。
 
そうなると、目についてしまうのはご主人のタバコ代。月3万円は家計支出の12.5%を占めています。タバコ代以外のご主人の小遣いが1万円ですから、もしかしたら、タバコ代は減らさないかわりに、他の支出は我慢するということなのかもしれません。いただいたデータにも「たぶん止められない」とありますので、実際に禁煙は難しいのでしょう。ただし、健康面を考えれば百害あって一利なし。検討すべきことだと思います。
 
ともあれ、目下の家計の目標は「赤字家計にしないこと」。コストダウンの目標額としては月1万円ほど。きびしい月は現状維持でも構いません。期間としては、息子さんが小学校に入学するまでのおよそ3年間。この間、もしかしたらボーナスから40万円程度貯蓄ができるかもしれません。であれば、合計で100万円超の貯蓄の上積みが可能。まずはそこを目指してください。
 

アドバイス2 できればフルタイム勤務を目指したい

次に、3年後以降について。そこから、りんさんが扶養の範囲で働きに出るということですから、通常であれば毎月貯蓄が可能となりますが、それに併せて、実家への1万円の支払い(家賃兼水道光熱費として)をアップさせるとのこと。実費としての水道光熱費に固定資産税も負担するということで、月5万円くらいを想定されています。であれば、パート収入が8万円になっても、家計支出も4万円アップなので、結局今と変わらず収支はトントン、貯蓄できないことになります。
 
対応策としては、りんさんが扶養の範囲にこだわらず、フルタイムで働くということ。当然、育児、家事の負担が重くなりますから、ご主人の協力が欠かせません。それと、税金や社会保険料で考えれば「年収130万円以下か160万円以上が得」といわれていますが、それよりもより多く収入を得られることをまずは目指してください。また、その場合、正社員でなくとも厚生年金加入にはこだわるべき。将来の公的年金の支給額が増えますので、老後対策になります。
 
もうひとつの策としては、お義父さんに支援してもらう。つまり「甘える」ということ。お義父さんの資産状況は不明ですが、もし可能なら、今後も「1万円のみの負担」を継続させてもらう。これはご主人が依頼することになるでしょうが、これが可能ならパートでも月4万円の貯蓄がしばらく可能となります。
 
フルタイム勤務かお義父さんの支援か、どちらにしても月4万円貯蓄できれば、年間48万円。ボーナスからの貯蓄も加算して年間70万円貯めることができれば、58歳(ご主人の定年)までの17年間で1190万円、80万円貯められると1360万円となります。これに今ある貯蓄180万円を加えると、定年時までに貯めることができるのは、ざっと1400万~1500万円。途中、児童手当の支給がなくなりますが、学資保険の支払いがなくなるなどで相殺され、試算上の支出は今と変わらないという想定でいいでしょう。
 
この間の大きな支出としては、教育費があります。長女の方が200万~300万円。ご長男はまだ進路について不確定ですが、一般に大学費用を事前に準備するならば400万~500万円。合わせて700万円とすれば、学資保険の満期金260万円を差し引いて別途用意するのは440万円。先の貯蓄からそれをさらに差し引けば、手元に残る資金は1000万円。これに退職金500万円を加算した1500万円が、りんさんの世帯が用意できる老後資金の目安ということになります。
 

アドバイス3 継続的な自動車ローンの負担を回避する

教育資金は用意できるとして、老後資金は足りるかどうか。それについては、現時点では何とも言えません。ただし、困らないよう対策することはできます。
 
先に述べたように、りんさんがフルタイムで働く、あるいはお義父さんに頼るといったことで、毎月しっかり貯蓄できる家計にすることは絶対条件ですが、同時に「より長く働く」ということが有効な老後対策となります。とくに公的年金が受給となる65歳まではご夫婦とも働くことで、少なくとも用意した老後資金は取り崩さない(収入が生活費を下回らない)。65歳以降も、収入は低くてもいいので、できるだけ働いて、老後資金が減るスピードを遅くする。こういったことが老後には効果的です。
 
また、気になるのは、クルマの買い替えです。すでに、現在も大きな家計負担となっている自動車ローンですが、次回の買い替えでもそうなる可能性があります。ローンが完済したらまた新たにローンの支払いが始まる。こういった継続的な負担は、車両価格を下げれば回避できます。できればローンを組まず、下取り価格に貯蓄を取り崩しても数十万円程度で済ませることが、望ましいと考えます。
 
自宅のリフォームや修繕は、将来必ず発生します。また、お義父さんに今後も資金援助が頼めたとしても、その期間は限定的です。りんさんのフルタイム勤務もスムーズに実現するとは限りません。そう考えれば、できることは全部やるといった意識が、将来的に資金で困らないためのひとつのカギとも言えるのです。
 
最後に、長女の方が専門学校へ進学する場合、2年後の4月入学ですから、学費の予算200万~300万円の用意は、貯蓄をほぼ取り崩すなど、綱渡り的になる可能性もあります。気をつけたいのは、足りなそうだからと、安易に奨学金を利用すること。奨学金はお子さんにとっては大きな負担です。かといって、資金面で進学を断念させるのは親としても辛いはず。可能な限り借入額を小さくするなど、お子さんの負担軽減に努めてあげてください。
 

相談者「りん」さんから寄せられた感想

アドバイスにありますようにまずは3年間は毎月を黒字にできるようにしていきたいと思っています。なるべく不足分で貯金を使わなくて済むようにしたいと考えています。その後の働き方ですが、扶養の範囲内か、フルタイム勤務か、主人ともよく相談して、考えていきたいと思いました。子どもの奨学金についても、おっしゃるようになるべくは親として出してあげたいというのはありますので、万が一不足分を奨学金に頼る場合も必要最低限でと思います。色々とアドバイスいただきありがとうございました。全てを通して言えることは、毎月少しずつでも貯金できる家計になるようにしていくということだと思いますので、家族で協力しながら、老後に子ども達に迷惑がかからないようにしていきたいと思います。

●All AboutマネーがYou Tubeで『2分でお金が貯まる人になる動画』を公開開始しました。
チャンネル登録をお願いします!


教えてくれたのは……
深野 康彦さん

 
 

 

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武




【関連記事をチェック!】
42歳契約社員。実母の借金150万円を肩代わりして貯蓄はゼロ、保険も解約しました
32歳専業主婦、貯金70万円。第2子が生まれるのに、不安しかありません……
36歳子ども3人。親に搾取され続け、貯蓄はゼロ。人生を立て直したい……
42歳貯金260万円。給料だけでは生活できず、口座は貸し越し状態でカツカツの生活です
35歳子ども3人。夫の借金が発覚し返済にすべての貯金を充てましたが残り800万円です
37歳借金200万円。生活費の支払いで夜も寝られず、笑顔でいることができません


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「赤字家計から抜け出せない」「老後貯蓄が不安」「家族がこっそり借金をしていることがわかった」などの悩みについて、同じような悩みを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。