2004年7月23日、AQUAZONEシリーズ新製品、「AQUAZONE AX ~LIFE SIMULATOR~」が発売されました。

AQUAZONEシリーズは、パソコンが普及し始めた頃からの有名なシミュレーションソフトで、デスクトップで魚を飼うという面白い趣向のこのソフトは、多くのユーザーに愛されてきました。
バージョンアップを重ね、当時は2Dグラフィックスであった魚たちも、綺麗な3Dグラフィックスに変わり、よりリアリティのあるシミュレーションソフトと成長してきました。
リアル」なシミュレーションは、水質、水温、昼夜の時間、餌の時間、餌の量などきめ細かく設定できるもので、まさに、デスクトップで魚を飼うと言うソフトで、他の追随を許さない優れたシミュレーションソフトでした。

しかしながら、その「リアル」なシミュレーションが、「お手軽」「お気楽」なユーザーには、ちょっとめんどくさいと思われたのも事実で、そのユーザーに向けて、AQUAZONEに「水中庭園」シリーズとしてラインアップされました。こちらの製品は、デスクトップで魚を飼う、と言うイメージではなく、デスクトップから魚が棲んでいる場所を覗く、もしくは、デスクトップと魚が棲んでいるところを結ぶ「どこでもドア」の様なソフトでした。
こちらの3Dグラフィックスも秀逸で、見ているだけで飽きない、気持ちが和む様な製品です。ゆらゆらと動く魚の姿とリアリティあふれる水音は、忙しい日常を忘れさせてくれるものです。

しかし、「どうしても、魚の世話をしたい」と言うユーザーの方も根強く存在しています。「AQUAZONE AX」はまさにその方たちに向けた魚飼育シミュレーションソフトと言えるでしょう。

このAXが水中庭園シリーズと大きく違うところは、水中庭園シリーズが、魚が生息している空間を「覗いている」、もしくは「切り取って観察している」と言うイメージに対し、AXは、従来のAQUAZONEシリーズと同様、リアルに水槽の中に魚を飼っていると言うものです。つまり、水中庭園シリーズは、鑑賞しているだけでも、魚たちは勝手に生活してくれますが、AXでは餌をあげないと、魚たちは死んでしまいます。もちろん、水温の調節や、水質、汚れなどもこまめに気にしなければ、魚たちは長生きすることができません。

見て楽しみたいけど世話をするのはめんどくさい、と言う人でしたら、水中庭園シリーズの方がお薦めですが、バーチャル水槽で、観賞魚の飼育や、新しい生命の誕生を楽しみたいという従来のAQUAZONEシリーズのファンの方でしたら、このAXシリーズはお薦めです

魚も動きも非常になめらかで自然なものですし、背景やオブジェクトのグラフィックスも、非常に綺麗です。コンピュータグラフィックスという視点から見ましても、非常に参考になるものです。

皆さんも、ちょっとした息抜きに、また、本格的なシミュレーションソフトとして、このAQUAZONE AXを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■ 価格 : 6,800円(税込:7,140円)
■ 発売日: 2004年7月23日(金) 予定
■ ジャンル: 趣味・娯楽
■ 対応OS: Windows 2000/XP
■ 企画 : シノミクス株式会社
■ 発売元: フロンティアグルーヴ株式会社
■ 販売元: 株式会社イーフロンティア

参考サイト

アクアゾーン水中庭園公式サイト

株式会社イーフロンティア



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。