近年の晩婚化・晩産化は、統計学的にも顕著になってきており、「生涯未婚率」の上昇や合計特殊出生率の低下を見ると、そもそもの「家族」「子ども」という存在のあり方や定義自体を見直さなければならない局面に差し掛かっているのではないかと推察されます。
妊娠・出産の適齢期はいつか? 晩婚化・晩産化により不妊リスクは上がっている

晩婚化・晩産化の時代だが、不妊リスクは依然として加齢によって高くなる

 

現代は晩婚化・晩産化の時代

最新の人口動態統計によると、第一子出生時の平均年齢は母親30.7歳、父親32.8歳です。平均出産年齢の推移をみると、一時期は男女ともに急速に上昇していた年齢が、ここ数年間はほぼ横ばいで推移しています。妊娠可能年齢にはある程度「リミット」があるのだということが周知されたからだという見方や、女性のキャリア志向熱が冷めてきたからだという見方もありますが、「妊娠可能年齢の上限がこれ以上上げられなくなった」結果という可能性も考えられます。
令和元年 人口動態統計 <出生順位別にみた年次別の平均年齢>

令和元年 人口動態統計 <出生順位別にみた年次別の平均年齢>

いつ、何人の子どもを持つのかは、個人の価値観で決めることであって、何が「正解」と言えるものはありませんが、統計学的にみれば結婚年齢が上がれば上がるほど「生涯子どもを持たない割合」は増えていきます。現在の日本の文化・制度では、妊娠・出産するための「条件」として結婚が認識されていることが多く、結婚が遅い=妊娠を希望し始める年齢が遅い、ということになり、加齢による不妊リスクが男女ともに上がっていきます。
 

女性は30歳を過ぎる頃から妊娠しづらくなる

女性の「妊娠する力」が年齢とともに低下することは、比較的周知されてきていると思われます。女性の妊孕性(にんようせい)に対して最も影響力を持つのは「卵子の数と質」です。

これらは30歳を過ぎると徐々に妊娠に対して不利な状態になっていき、37歳を境にさらにその傾向は顕著になり、40歳を過ぎるとかなり厳しい状態になります。また、加齢とともに染色体異常のリスクは高くなるため、妊娠が成立しても出産までに至らないケースが増えていきます(詳しくは「「卵子の老化」は何歳から始まる?妊娠率や体への影響」で解説)。
 

男性の妊孕性も年齢の影響を受ける

晩婚化・晩産化を考える 男性側の加齢によっても不妊の可能性は上がる

男性側の加齢も不妊リスクになる

一方で、男性の妊孕性についても複数の観点で、年齢の影響を受けることが指摘されています。
  • 男性の年齢が高いほどパートナーが妊娠するまでにかかる期間が長くなる
  • 男性の年齢が高いほどパートナーの流産率が上がる
  • 男性の年齢が高いほど出生児の先天異常のリスクが上がる
男性の年齢が高ければ、そのパートナーの年齢も高くなる傾向はありますから、男性側の要因「だけ」で妊娠に対して不利になっていくわけではありませんが、年齢を意識した方がいいのは女性だけではないということは、もっと強調すべきことかもしれません。
 

リミットを考慮したライフプランを

男女ともに、年齢とともに妊娠しにくくなるということは明らかであり、生殖補助医療などによってある程度その「リミット」を引き延ばすことはできても、なくすことはできません。「締め切り効果」という言葉もあるように、リミットがあるからこそ、それを考慮したライフプランを早い段階から考えることで、より自分らしい人生を歩めるのではないでしょうか?


【参考情報】 【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。