31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は島田佳奈さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「島田佳奈さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■島田佳奈さんプロフィール
今回の回答者:島田佳奈さん

今回の回答者:島田佳奈さん

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシー!奔放な恋愛経験を元に語る“女豹”ライター

モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』他著作多数。奔放な恋愛経験と独自の恋愛観が好評。

All Aboutガイドページ
twitter:@shimadakana
 

お悩み:倦怠期かも?彼氏が最近冷たい気がして不安です

お悩み:倦怠期かも?彼氏が最近冷たい気がして不安です

お悩み:倦怠期かも?彼氏が最近冷たい気がして不安です

■もみじさん(29歳、ネイリスト)のお悩み
付き合って1年半、半同棲中の彼氏がいます。最近、倦怠期なのかも、と感じています。キスやセックスの頻度もかなり減って、休日に出かけることもほとんどなくなりました。

この間、不安になって、彼氏に「最近ちょっと冷たいよね」と言ってみたら、「嫌いになったりはしていない。休みの日にかまってあげられないのはごめん。でも仕事で疲れていて、出かける気力がない」とのことでした。

私はまだ彼のことが大好きなので、別れたくありません。でも、正直冷たくされるのはさみしいし、不安になります。どうしたらいいでしょうか。
 

アドバイス1:疲れている彼に何を提供できるか?考えてみて 

アドバイス1:疲れている彼に何を提供できるか?考えてみて 

アドバイス1:疲れている彼に何を提供できるか?考えてみて 

「疲れているときこそ、一緒に居たくなる」彼女でいたいですよね。そのために何をできるか、考えていきましょう!

彼は仕事で疲れていて、出かける気力がないようです。それなら遠出せず、家や近所でのんびりできることを考えましょう。

たとえば、おいしいごはんを作って食べさせたり、お取り寄せグルメを一緒に味わってみたり。くだらないお笑いのテレビを観たり、非日常を味わえるような映画を観たりするのもいいですね。

とにかく、彼からのサービスを望むのではなく、自分は何が提供できるかを考え、実行してみましょう。
 

アドバイス2:つらい状況は永遠に続く訳じゃない

疲れていれば、セックスの回数が減るのも当然のこと。きっと彼は、肉体だけではなく、心も疲れているのかもしれませんね。

でも、この先もずっとその状態が続く訳ではないと思います。「今」が辛いと、永遠にこの状態が続くのでは……と思い込んでしまいがち。実際は、彼の上司が変わるとか、彼が異動になるとか、いくらでも状況が変わる可能性はあります。

だからこそ今は、彼のことを考える余裕のあるもみじさんが、包容力を発揮してほしいと思います。

たとえばアドバイス1で提案したように、家や近所で無理なく一緒に楽しむ時間を増やしていくことで彼は癒され、今もみじさんが感じている寂しさも緩和されていくのではないでしょうか。
 

アドバイス3:あえて「鈍感」さを身につけることも大事

アドバイス3:あえて「鈍感」さを身につけることも大事

アドバイス3:あえて「鈍感」さを身につけることも大事

もみじさんは今、「彼は冷めちゃったのかな」「もしかして別れたいのかな」といった不安を感じていますよね。そういうときは、いい意味で「鈍感」になるよう、意識を変えてみてください。

疑心暗鬼になったらキリがないですし、別れたがっているサインなんて探すのはもってのほか。恋愛関係は、バイオリズム的にとても盛り上がるときと、そうじゃないときがあるものです。

彼に決定的な言葉を言われていない限り、「彼は私のことを世界一愛しているに決まってるじゃない」と思い込んでおけばいいのです。もみじさん自身も、常に「世界一あなたのことを愛しているよ」という心意気で彼に接していきましょう。
 

アドバイス4:「お互いが空気みたいな存在」なのは喜ぶべきこと!

よく「恋心は3、4年経つと終わる」なんて言いますよね。でも、「恋心」が「愛」に変わっていれば、2人の関係は終わりません。

会うだけでドキドキしている段階から、だんだんとドキドキを感じなくなり、「空気みたいな存在」になっていく。それは別に、悪いことじゃないのです。だって、空気は当たり前にあるけれど、なきゃ生きていけないもの。空気への変化こそが「愛」なのではないでしょうか。だから、現状を「倦怠期かも」と悩む必要なんてないのです。

むしろ、ドキドキが薄れてきたのは「結婚がふさわしい関係」になった証拠! 悩むのではなく、この「お互いがいて当たり前と思える、貴重な関係」へと進展したことを喜びましょう。

人間、ずっとときめいていたら疲れちゃいます。結婚生活は日常です。緊張感なくリラックスできる相手だから、ずっと一緒にいられるのです。

お2人が末永くいい関係でいられるよう、応援しています!

 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.彼氏から「1人の時間がほしい」と言われましたが、理解できません
Q.彼氏ができた・結婚した友達に激しく嫉妬してしまいます
Q.彼氏に対して、自分の意見を素直に伝えることができません

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。