手洗い・アルコール消毒による手荒れ症状

アルコールスプレー除菌や手洗いによる手荒れ

アルコールスプレーによる除菌や手洗いによる手荒れ、正しい対処法は?

手の消毒が原因の手荒れ症状。以前から看護師さんなど医療関係者が受診されることがありました。現在は新型コロナウイルス感染症対策として手洗いや消毒を念入りにすることが増えたことで、一般の方にも手荒れの受診が増えています。

もともとアトピー性皮膚炎や手湿疹を繰り返す人では荒れやすいのでそれが悪化したという場合もありますし、普段はならないのに新型コロナ以降の手指消毒や頻回の手洗いで手荒れになったという方もいます。手荒れの対処法、予防法について解説します。
 

なぜアルコール消毒や手洗いで手荒れが起こるのか

消毒や除菌の成分には刺激性があります。これらにより皮膚が直接傷害されることがあります。また、消毒や除菌の成分が原因でアレルギー反応を起こし、かぶれが起きてしまうこともあります。

「アルコールアレルギー」、「アルコール過敏症」は相当稀と言われていますが、アルコールに対するアレルギーがあると、多くの場合、アルコール消毒による刺激でも皮膚が赤く荒れてしまいます。アルコール消毒で皮膚が赤くなったり、かゆみが出たりする場合は、アルコール消毒は避け、石鹸での手洗いのみをしっかりとするだけでもよいですし、採血などの消毒でも使われる「クロルヘキシジン」など、アルコールを使わない消毒剤を使うようにしてするのがよいでしょう。
 

除菌スプレー・消毒などによる手荒れに自分でできる対処法

まずは手荒れの原因になったと思われる消毒剤、除菌剤を避けるようにしましょう。使い続けている限り、手荒れを繰り返してしまいます。次に、治療です。軽いガサガサ程度であれば保湿剤でも治療可能ですが、赤みやかゆみがある場合はステロイドの塗り薬が必要です。
 
「ベトネベートN軟膏」という商品名でベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドが入ったものが一番強い市販のステロイドの塗り薬です。処方薬のリンデロンV軟膏と同じ強さのステロイドです。
 

手荒れで皮膚科受診を検討する目安と病院での治療法

手荒れといっても赤みやかゆみだけでなく、腫れやじゅくじゅくが見られる場合は皮膚科を受診しましょう。手荒れが悪化した場合、手荒れから感染を起こしたことも考えられます。

市販のステロイドは処方薬のステロイド外用薬のランクとしては3番目のもので、効果はそれほど高くありません。市販薬で手荒れが治らない場合は皮膚科受診をおすすめします。 
 

まずは日常的なケア・保湿を念入りに…ひどい場合は適切な処置を

手洗いや消毒のしすぎで手荒れになり、皮膚科を受診される医療従事者や介護士、飲食関連の方は今までもたくさんいました。コロナによる手指消毒や手洗いの増加でその数は増えていますので、日常的な手のケアを普段より念入りにする努力が必要です。

まめに保湿を行うようにして、荒れて赤みやかゆみが出た場合には市販のステロイドでの対処、もしくは皮膚科受診を検討しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項