脱いだ靴や傘が出しっぱなし、かばんや郵便物などが置かれたままで、散らかりがちなのが玄関。スペースが限られているため収納場所に困る玄関ですが、諦めないでください! 床にモノを置かず、見逃しているスペースを活用して、賢く収納するアイデアを紹介します。
 

お出かけの必需品を玄関にサッと収納

新型コロナウイルス感染予防のために除菌グッズやマスクが必要になりました。片づく収納プランナー認定講師はやしあきさんによると、「大人も子どもも手に取りやすい場所にマスクを置いておくと、家族みんなが忘れずに出かける習慣がいきわたる」とのこと。袋に入った新品の使い捨てマスクや洗った布マスクは、ボックスに入れてふたをしておくこと。外から帰宅したらすぐ手を消毒できるように除菌スプレーも置いておきましょう。
 
玄関で収納ボックスを使った片付け方

カウンターの上が感染予防対策グッズの指定席。袋に入った新品の使い捨てマスクや洗った布マスクは、ふたつきの収納ボックスが便利です


玄関にカウンターがないという家庭では、下駄箱扉のハンドルにミニバッグを吊り下げるだけで収納場所が完成です。
 
出かけるときの必需品をカゴ収納

虫よけのスプレーや日焼け止めクリーム、ポケットティッシュの予備を入れておくこともできる

 

下駄箱扉の裏面や玄関ドアも収納場所として活用を

下駄箱扉の裏面も収納場所に便利です。「100均のワイヤーメッシュを使えば、シューケア用品などの置き場所になります。出し入れしやすい高さに収納できるから、必要なときにサッと取り出して、パッとしまえて散らからない」と、はやしあきさんは言います。
 
下駄箱の扉裏を使った収納

傘がしまえるタイプの下駄箱の場合、上の写真のように傘の収納部分に奥行きがあるため、扉の裏も収納に使える


また、マグネットが使える玄関ドアには、よく使う小物を貼り付けるというのもいい手です。「ステイホームでオンライン注文の宅配が増えたため、出番が多くなった印鑑とダンボールカッターを玄関ドアにマグネットで貼り付けておけば、行方不明にならずすぐに使える」と、はやしさん宅では便利な片付け方を実践しています。
 
100円ショップのグッズで玄関扉に片付ける

印鑑には100均の小さな強力マグネットを貼っている。グレイのダンボールカッターはもともと貼り付く仕様のもの

 

玄関の余った壁を収納場所に

スペースが限られている玄関は、床にモノを置くことなくスッキリした状態を保ちたいところ。そこで着目してほしいのが「壁」なのです。自転車の鍵、折りたたみ傘、上履きの袋、持ち忘れを防ぐ小物入れなどを置いたり、吊り下げたりできる収納を設けましょう。
 
玄関脇の隙間収納で片付ける

奥行きの浅い飾り棚を小物収納に。玄関ドア脇のわずかな隙間を吊り下げ収納に活用する


思いきって壁の面を広く使う方法もあります。市販されている有孔ボードを取り付けて、ヘルメットや傘を吊り下げれば、わが家ならではの玄関インテリアが完成です。 
 
有孔ボードを使った収納法

花や小物を飾って季節感を演出してもいい(はやしさん宅)

 
UR賃貸と東急ハンズのDIY有孔ボード

有孔ボード用のフックを利用すると、小物用のカゴを吊り下げることもできる(UR賃貸住宅×東急ハンズの事例)

 

玄関から部屋へ移動する廊下の壁の活用

置きっ放しになりやすいかばんやレインコートは、玄関から部屋へ移動するついでに廊下の壁に引っ掛けるだけ。この方法なら子どもも協力しやすくなります。
 
イケアと無印良品の収納グッズ

フックを上下2段に取り付ければ子どもにも手が届く

 

玄関は脱いだ靴、郵便物、鍵、傘などが置かれたままで散らかりがち。スペースが限られているからこそ、手際よく片付く方法を取り入れて、家族と一緒にスッキリを保ちましょう。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。