実は義母のことが大好きで……

義母が好き

お笑いコンビ「流れ星」の瀧上伸一郎さんが、13歳下の妻でタレントの小林礼奈さん(28歳)と別居したことを明らかにした。新型コロナウイルスの影響で瀧上さんの仕事が激減、家にいる時間が長くなってケンカが絶えなくなったのだという。

ところが妻の小林さんと娘の行き先は、瀧上さんの実家。息子である瀧上さんとは合わないものの、小林さんは義母と自分が似ていて「大好き」なのだそうだ。

夫の両親と仲がよくて離婚する気になれないとか、夫と別居するにあたって義父母が応援してくれたとか、そういう例はときどき耳にする。

 

大げんかのたびに夫の実家へ

結婚して12年、ケンカするたびに10歳の娘と6歳の息子を連れて夫の実家に避難するというのはタカミさん(42歳)だ。実母とはまったく気が合わず、社会人になるとすぐひとり暮らしを始めた。そのまま縁遠くなり、結婚したときも親には何も言わなかったという。

「子どもができて、夫のお母さんが『せめて写真でも送ってあげたら』と言ってくれて。それでようやく実家と連絡をとりました。とはいっても今でも、義母のほうがずっと仲良し。60代後半ですが、気持ちも若いし行動的。私からみると姉のような存在ですね」

結婚してすぐ、夫とケンカをして義母に泣きついた。「そんなとこにいないで、こっちに来ちゃいなさいよ」と義母。すぐに行ってふたりでワインを酌み交わしながら、夫(義母にとっては息子)の悪口を言いまくったという。

「そこからさらに仲良くなって。ケンカすると義母のところに行ってストレス解消しています。夫はいい人なんですが、『何だかエラそうなのよね』というのが義母の見解。私もそう思います(笑)。外で突っ張って仕事をしている分、内弁慶というか。夫を立てるのが妻の心得かもしれないけど、義母は『そんなことしていられないわよ、女だって大変なんだから。こっちが立ててほしいわ』と言ってしまうタイプ。だから私とは気が合うんでしょうね」

夫の実家までは車で10分ほどの距離。2年前に深刻なケンカをしたときは、離婚の二文字が頭をかすめた。

「義母に言ったら、『タカミちゃんが離婚したいならすればいい。子どもたちと3人で住むもよし、うちに来るのもよし。好きなようにしたほうがいい』と言ってくれました。離婚しても義母は悲しまないし、私と義母の縁が切れるわけでもない。そう思ったらなんだか気が楽になって、夫のところへ戻れました。義母は本心から、子どもの人生は子どものものだと思ってる。だからいつも、タカミちゃんの好きにすればいいと言ってくれる。信頼できるんです」

義母がいるから離婚はいつでもできる。だから今はしなくてもいい。タカミさんはそう思えるのだという。

 

離婚してからも仲良し

一方、実際に離婚してしまったのはマリさん(44歳)だ。共働きでふたりの子を育ててきたが、夫の度重なる浮気に我慢ができなくなり、2年前に離婚した。現在は中学生と小学生、ふたりの娘と3人で、夫の実家近くで暮らしている。

「義母にはずっと心配してもらっています。私が仕事で遅くなるとき、娘たちは元夫の実家で食事していますし、ついでに私も寄ってご飯を食べて帰ったり。自分の実家以上に世話になっていますね」

元夫もときどき実家に来るので、ばったり会うこともある。義母は気を遣うでもなく、自然にしているので、マリさんも元夫と話をする。娘たちとは、同居していたときより父子関係がうまくいっているそうだ。

「結婚しているときは、家族はこうあらねばならないと思っていた。でもいったん壊したら、もう何でもアリじゃんと思うようになったんです(笑)。父と娘は仲良くしてもらったほうがいいし、私は元夫とは友だち感覚。もともと学生時代からの友だちだったので、元に戻った感じですね」

義母は度量の広い人、説教がましいことはいっさい言わないし、義母のほうからベタベタしてはこないのだという。

「元夫は母ひとり子ひとりで育っているんです。義母は必死で働いて自分で事業を起こした人。だから夫は母親には頭が上がらないところがある。でも義母は元夫にも私にも本当にフラットに接してくれる。ちょうどいい距離感を見つけるのが上手なんですよね。私も仕事で、少し責任のある立場にいるので、義母の人との距離のとり方を学びたい。生き方も見習いたい先輩です」

元夫は復縁したそうだが、マリさんはそのつもりはない。今がいちばんいい距離感だからだ。夫はその「ベストな距離」をわかっていないようではあるが。

「義母が言うんです。ちゃんと遺書を書いて、マリさんと孫たちに少ないけど遺産を残すから、息子のことなんて気にしなくていいからねって。それを元夫の前で言うから笑っちゃいます」

義母の事業を継ぐことも考えているマリさん。敬愛する女性が義母だったということなのだろう。それはとても幸せなことだと彼女は真剣な表情になった。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。