31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は深爪さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「深爪さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■深爪さんプロフィール
今回の回答者:深爪さん

今回の回答者:深爪さん

エロから社会ネタまで独自の視点から発信!フォロワー数18万人超の大人気主婦アカウント
コラムニスト/主婦。2012年11月にツイッターにアカウントを開設。独特な視点から繰り出すツイートが共感を呼び、またたく間にフォロワーが増え、その数18万人超(2020年2月現在)。主婦業のかたわら、執筆活動をしている。『深爪式 声に出して読めない53の話』『深爪流 役に立ちそうで立たない少し役に立つ話』『立て板に泥水』他著書多数。芸能、ドラマ、人生、恋愛、エロと、執筆ジャンルは多様。

twitter:@fukazume_taro
オンラインサロン:https://lounge.dmm.com/detail/1448/
note:https://note.mu/fukazume_taro
 

お悩み:ひどい失恋をして半年、立ち直れる気がしません

恋愛相談室・お悩み:ひどい失恋をして半年、立ち直れる気がしません

お悩み:ひどい失恋をして半年、立ち直れる気がしません

■松本さん(33歳、営業)のお悩み
最愛の彼氏に振られてから半年、いまだに立ち直れません。
 
彼との交際は3年半。喧嘩もまったくせず、すごく仲良く過ごしていたので、別れ話は青天の霹靂でした。出向先に気になる女性ができてしまい、浮ついた気持ちのまま付き合い続けるのは申し訳ないから別れてほしいとのことでした。
 
振られてから、すべてのやる気がなくなり、仕事以外の時間はずっと家にこもっています。
 
直後は友人に泣きついたりもしたのですが、今は会う気もしません。半年も経ったんだから、いい加減、前を向きなよと言われそうで……。
 
私はめったに人を好きにならないほうで、恋愛は向いていないのかもと思っていました。でも彼と出会って、恋愛っていいものだな、彼となら結婚したいなと思えるようになったんです。もう彼以上の人に出会える気もしないし、彼のいない人生を生きなくてはいけないと思うと、絶望感でいっぱいになります……。
 
時間が解決すると言いますが、半年たった今、まったくその気配がありません。どうしたら気持ちが楽になるでしょうか。何でもいいので、アドバイスをください。
 

アドバイス1:誠実さは、ときに人を深く傷つけるもの

アドバイス1:誠実さは、ときに人を深く傷つけるもの

アドバイス1:誠実さは、ときに人を深く傷つけるもの

突然の別れは本当にツラいものです。相手はその日に向けて気持ちの整理をしてきているでしょうが、別れを切り出されたほうは心の準備がないのでいきなり通り魔に刺されたような衝撃を食らいます。私もたびたびメッタ刺しにされたのでお気持ちはよくわかります。
 
とはいえ、彼はとても誠実な男性だと思いました。結婚しているわけではないのですから、二股をかけても法的には問題ありません。にもかかわらず、きっちりケジメを付けるあたり、松本さんにも新しい女性にも誠実でありたい人なのだなという印象を受けました。
 
ただ、この「誠実」は非常にクセモノで、誠実ゆえに相手をより深く傷つけてしまうこともあります。
 
私の知人にかなりのクズ男がいます。彼の辞書には「誠実」の文字がありません。しかし、このクズは女と別れるときはいつも“優しい”。
 
「君をキライになったわけじゃないんだ」みたいな甘いセリフを吐くわけではありません。彼は女と別れたいときには、あえて相手に嫌われるようなことをして幻滅させるように仕向けるんです。たとえば、「デートのドタキャン3連発」とか「射精したら即直帰」みたいな感じです。そろそろ潮時だなと思った女の家のトイレでウンコを流さずに帰ったって話は本当にひどいと思いました。
 
「こうすれば相手も未練が残らないでしょ?」と得意げな顔で話すので、昔は心底最低な男だなと思っていたのですが、こういう優しさのカタチもあるかもしれないと今では納得できます。まあ、本心は刃物で刺されたくないだけだったのかもしれませんが。
 

アドバイス2:無理に前を向こうとする必要なんてない

だいぶ話が脱線しましたが、これはもう無理に前を向く必要はないと思います。半年も経ったのに、とおっしゃいますが、何年経っても癒えない傷なんてのはザラにあります。自分の感情に逆らって強引に踏ん切りを付けようとすると深みにはまります。というより、できるわけがありません。
 
いままで当たり前の存在だったものが、突然目の前から消えてなくなってしまったのですから、錯乱するのは当然のことです。悲しみを無理矢理封じ込めずに、泣いたりわめいたり心の思うままに行動したほうがいいと私は思います。
 
私は失恋するとユーミンや中島みゆきを聴きまくって大泣きするのが常でした。無理に忘れようとするのではなく、とことん落ちるところまで落ちて泣いていると「あれ?そこまで泣くようなことでもなくね?」とふと我に返る瞬間が来るからです。
 
昔、ものすごい振られ方をしたとき、寝ても覚めてもツラくて悲しくて食べ物も喉を通りませんでした。それでも、トイレに行けば毎日きっちりと出るものが出るのです。こんなに悲しいのに自分の体はちゃんと機能しているのだなと感動しました。そして、便器の中に吸い込まれていく流線形の物体を眺めながら「生きねば」と思いました。「前向きに生きる」という感情は他人が促すものではなく、自分の中から自然と生まれてくるものなのかもしれません。
 

アドバイス3:「思いを吐き出す」だけで気が楽になることも

最近私も悩み事が多く、ちょっと気を抜くと天に召されたくなってしまうのですが、ツラい気持ちを楽にするのに一番効果的だったのは誰かに話を聞いてもらうことでした。
 
ひたすら思っていることを吐き出す。慰めの言葉やアドバイスなんかはどうでもよくて、とにかく話を聞いてもらうだけでいいんです。
 
「前を向け」と言われそうでご友人とは会いたくないとのことですから、話をする相手は赤の他人がいいと思います。中途半端に自分のことを知っている家族や友達よりもまったくの他人のほうが気兼ねなく話せますから。私の場合は行政機関を利用しました。広報や自治体のホームページに悩み相談窓口の連絡先が掲載されているので、調べてみるのもいいかもしれません。
 
ただし、赤の他人に話すといっても、SNSや掲示板などに気持ちを書き込むのはおすすめしません。ネットには悩んでいる人間を正論で殴るのが大好きな人間がいるので、さらに落ち込むハメになる可能性が高いです。
 
他人に話すのも気が進まないなら、自分の気持ちを文章にするのもいいです。書きなぐった後、読み返してみると意外と冷静になれたりします。
 
とにかく無理に自分の感情を封じ込めないでください。後ろ向きでもいいじゃないですか。とことん後ろ向きになっていたら、いつか飽きて「そろそろ前でも向いてみるか」と思える日がくるかもしれませんよ。

■「31歳からの恋愛相談室」関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.今はラブラブだからこそ、いつか冷めるのが怖いです
Q.女友達の幸せを喜べない自分が嫌いです
Q.貧乳の私。彼氏が巨乳AVが好きと発覚しショックです

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。