31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:新型コロナの流行により自粛生活に。婚活できず、もどかしいです

お悩み:新型コロナの流行により自粛生活に。婚活できず、もどかしいです

お悩み:新型コロナの流行により自粛生活に。婚活できず、もどかしいです

■かなみさん(35歳、一般事務)のお悩み
新型コロナウイルス流行の影響で、まったく婚活ができていません。自粛期間中は、婚活どころか誰とも会わず、自宅で一人、もくもくと仕事をする日々です。
 
自粛が終わったとしても、しばらくは気軽に1対1でデートすることはできないだろうなと思います。
 
パソコンやスマホ上で会話をするオンライン婚活というのもあるそうですが、あまり気乗りがしません。実際に会ってみないとわからないことだらけだと思うので。
 
このまま婚活できず、時間だけが過ぎていくかと思うと憂鬱です。
 
とはいえ、心のどこかで、婚活を休む言い訳ができたという思いもあります。結婚願望はあるものの、たくさんの男性と会ってお互いを見定め合う「婚活」がしんどいときもあるからです。
 
このまま婚活をしない生活に慣れて、あっという間に数年がたっていた……なんてことになりそうで、不安です。自粛期間中、婚活女子はどうしたらいいのでしょうか。
 

アドバイス1:まずは「何のために婚活をしていたのか」を再考すること

アドバイス1:まずは「何のために婚活をしていたのか」を再考すべき

アドバイス1:まずは「何のために婚活をしていたのか」を再考すべき

コロナウイルスの影響で、いろんなことが大きく変わってしまいましたね。本当に早く終息してほしいものです。
 
まず、何のために婚活をしていたのか?を考えてみてください。目的と目標がごちゃごちゃになっていなかったか、考えてみましょう。
 
目的とは最終的なゴールのことで、目標は目的を達成するためのプロセスや手段のことです。
 
実は「とにかく結婚したい」という女性のほとんどが、目的が結婚になっていて、目標が婚活になっています。
 
よく言われていることではありますが、結婚はゴールではありません。ただのスタートであり、ゲームでたとえると一面クリアしただけの状態です。
 
「大企業に就職すれば将来が安泰だ」と考えている人がいまだにいますが、これもまた同じ状態。大きな会社に就職できたとしても、将来が安泰かどうかはその人のこれからの頑張り次第です。
 
何が言いたいかというと、目的が結婚や就職になってしまっている人のほとんどは、「そこから先のこと」を考えてないんですね。でも結婚は、あくまでも目的を達成するための手段でないといけないんです。
 
では何を目的にすればいいのか? それは、理想のパートナーと円満な家庭を築き、死ぬときに幸せだったと言えることではないでしょうか。
 
つまり、目的は簡単には達成できない長期的なものに設定しないとダメなんです。
 

アドバイス2:幸せな結婚生活を望むなら、婚活は長期戦を覚悟すべき 

さて、お互いが幸せだと言い切れる夫婦が普段どんなことをやっているのか考えたことはおありでしょうか?
 
彼ら彼女らはただ仲良く過ごしているだけではなくて、ときには衝突して気が済むまで話し合い、問題が起これば手を取り合って解決をし、たとえお互いにとって都合の悪いことであっても向き合う関係作りをしているんです。
 
ということは、お互いが「都合が悪いことから逃げない」人間じゃないと、結婚生活はうまくいかないんですね。「恋愛と結婚は違う」「好きだけで結婚生活はやっていけない」といわれる理由はこれなんですよ。
 
恋愛感情の大きさと相性の良さだけでうまくいくほど、甘いものではないということです。
 
そしてこれが一番の問題で、「都合が悪いことから逃げない人」を探すのが難しいんですよ。
 
「話し合いができる」「問題をなかったことにしない」「耳が痛いことでも真摯に受け止めてくれる」という人が、逃げない人です。
 
実はこういう人はすごく少なくて、もし見つかったとしても一緒に生活できるかどうかはまた別の話。
 
そう考えたとき、結婚相手はそう簡単に見つからないんですね。なので、長期戦覚悟で臨める人じゃないと基本的に婚活はうまくいかないんです。
 
目的が結婚なんだったら、短期戦でも大丈夫だと思います。でもそうじゃないのであれば、コロナウイルスに関係なく時間はどうしてもかかると思ったほうがいいでしょう。
 

アドバイス3:自分の魅力を底上げすれば、出会う男性のレベルも変わる

前置きが長くなってしまいましたが、なぜこういった話しを先にさせていただいたのかというと、「婚活を休む言い訳ができた」「婚活がしんどいときもある」と言われているので、すでに義務になっていたんじゃないかな、と思ったんです。
 
「結婚しなければいけない」「婚活しなければいけない」になっていたのではないでしょうか。
 
結婚って、しようと思ってするものじゃありません。「この人とだったら一生やっていけそう」という人とするのが結婚です。
 
この自粛期間は自分と向き合うための時間でもあります。
 
身動きが取れない窮屈な状態だからこそ、自分にとって何が必要で何が大切かを今一度考えてみましょう。
 
かなみさんにとっての婚活は、今のご自身にとって本当に必要で大切なものなのかを問いかけてみてください。
 
その上で婚活や結婚が必要で大切ということであれば、いっそのこと割り切ってこう考えてみてはいかがでしょうか。自宅で過ごす時間をかなみさんの魅力アップのために使うということです。
 
藤田ニコルさんも自粛期間の過ごし方を「可愛くなるための時間」と仰っていましたが、まさしくそのとおりだと思いました。
 
ルックスを磨くことだけじゃなくて、読書を通じて新しい知識やものの見方を手に入れたり、映画やドラマを通じてコミュニケーションや優しさを学んだりすることも魅力アップする上で大切ですね。
 
なかなか身動きが取りにくいこの期間をいかに自分に使うことができるかによって、終息後のスタートダッシュが大きく変わると僕は思っています。
 
とくにこの自粛期間を、「自分は今何ができるだろうか?」と知恵を絞って見つけ出し取り組む人と、「早くコロナ落ち着かないかなあ」「国がなんとかしてくれないかなあ」と思って何もしていない人とでは、その差は歴然ではないでしょうか。
 
人は合わせ鏡です。最終的に長く付き合える人というのは、同性異性問わず自分と同じレベルの人になるんですよ。
 
たとえば、今すぐ出会った男性と1年間いろんなことを努力してから出会った男性を比較したとき、「いい男レベル」がまったく違います。
 
つまり、焦ってつかまえた男性よりも、じっくりと腰を据えて自分を研ぎ澄ました状態で出会った男性のほうがはるかにレベルが高いということですね。
 
どうせ外に出られないんだったら、潔く諦めて、出来る限り自分に対して時間をかけてみる。そして楽しんでみる。
 
これができる女性とできない女性とでは、終息後の婚活成功率がまったく違うはず。自分と向き合い、魅力アップにつながることを実践されてみてはいかがでしょうか。
 
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.結婚に迷いはつきもの?入籍を躊躇しています
女に生まれて、本当に良かった?
Q.婚活中、二股やキープはしてもいいのでしょうか

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。