老人ホームに入るにはいくら必要ですか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、職場環境が悪く、転職を検討中の37歳の女性会社員の方。ただし、転職すればあきらかに収入減となりそう。将来は老人ホームに入りたいがそれまでどう貯めていけばいいか……。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★
 
職場でパワハラなどがあり転職を希望しています

職場でパワハラなどがあり転職を希望しています




■相談者
推しが尊いオタさん(仮名)
女性/会社員/37歳
神奈川県/賃貸住宅
 
■家族構成
一人暮らし
 
■相談内容
大学と大学院(修士課程)は返済不要の奨学金で学費は免除になったのですが、生活は親からの仕送りがないため、アルバイトで稼いだお金とクレジットカードを使いました。そのときの生活費を支払うために利用したカードローン(クレジットカード)の返済が月5万円あります。残高は60万円になっております。
 
私は日本国籍ですが、東南アジアのとある国で生まれて、18歳まで滞在していました。アセクシャルならびにアロマンティックというセクシャルマイノリティを自覚したので、2年前に離婚しました。兄弟はおらず、父は私が中学3年生の時に他界したので家族は母のみです。幼少期から長年にわたって、母から精神的な虐待を受けてきたので東南アジアにある実家に戻るつもりは微塵も欠片もありません。相続の権利も放棄しました。再婚願望はまったくなく、子どもも望みません。
 
仕事に関しては親会社が経営不振で日本支店が閉鎖される可能性が高いため、転職を検討しております。違う業種への転職があり得るため、収入減が見込まれます。運良く今の会社に残れたとしても毎年パワハラで数人が退職する部署におり、明日は我が身なので長居するつもりはありません。同期入社の方々は精神を病んだりして、既に辞めていました。新しい就職先によりますが、収入ダウンで月々の貯蓄額が3万円に減額する可能性があります。
 
老後については、これからはお一人様として日本で生涯生きていきたいのですがマンションは購入せず、65歳の定年退職するまで賃貸物件に住み続けて、70歳になったら有料老人ホームに入りたいです。
 
シェアハウスみたいな老人ホームは凄く苦手なので、個室がある高級ではない有料老人ホームに入るのに今からいくらぐらい貯めればよろしいかを教えていただきたいです。今まではずっとカードローンの返済に必死で貯蓄には気が回らなかったので、同時進行に行えるコツも教えていただきたいです。
 
よろしくお願いいたします。
 
■家計収支データ
相談者「推しが尊いオタ」さんの家計収支データ

相談者「推しが尊いオタ」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)転職による減収について
減収は具体的な転職先を指しているのではなく、あくまで想定の範囲。おそらくボーナスが出たとしても、年収ベースで減収は避けられないとのこと。
 
(2)加入保険の保障内容
本人/医療保険(終身保障・60歳払込終了、入院5000円、通院特約、先進医療特約)=毎月の保険料8000円
 
(3)住居費について
相談者コメント「生活費の優先順位として住まいが1番です。家賃が更に低い所に引っ越すと都心から離れることだけではなく、部屋も狭くなると思いますので、正直に言いますと厳しいです。また、今の住まいは以前の住まいより広く、快適です」
 
(4)食費について
基本的には毎日自炊。他に週1で友人との外食と会社の飲み会(付き合い)。料理は好きでスイーツも自分で作っている。
 
(5)趣味娯楽費について
趣味はアニメと漫画。年間5回ほど、好きな声優のライブかイベントに行く。旅行にはまったく興味なし。健康維持のためにスポーツジムに入会。週2回のペースで筋トレとスタジオプログラムの有酸素運動をしている。
 
(6)水道光熱費について
生まれ育ったところの文化で、お風呂に浸かる習慣がなく、ほとんどシャワーで済ましています。ガスは都市ガスで電気とのセット料金で組んでありますので、通常より格安。
 
(7)定年後について
セミリタイア(状況に応じて適宜バイトなどをする。週4日程度)を希望。
 
(8)新型コロナウイルスの影響
相談者コメント「転職活動に影響しています。面接には行けない状況が長引いて、書類選考からなかなか次のステップにはいけません。また、今の会社の本社は欧州地区にあるため、売上が伸び悩み、来年度の給与減額の恐れがあります」
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 住居費と趣味娯楽費は必要経費
アドバイス2 より長くことが有効な老後対策
アドバイス3 老人ホームは「用意できる資金内」で探す
 

アドバイス1 住居費と趣味娯楽費は必要経費

家計は大変よく管理されていますし、貯蓄ペースも立派です。これまで、いろいろとご苦労があり、貯蓄も思うようにできなかったと思いますが、今後は確実に増えていくでしょう。
 
そこで心配されているのが、転職による減収ですが、実際にそうなったらどうなるのか。試算してみましょう。
 
ご相談者が言うように、貯蓄が現在の7万6000円から3万円(ボーナスからの貯蓄なしと想定)となった場合、年間の貯蓄額は36万円。60歳までの23年間継続すると、828万円。ただし、カードローンの返済が来年1月に終了します。これを貯蓄に回すとすれば年間60万円、22年間続けると1320万円ですから、先の貯蓄と合わせて2148万円。今ある貯蓄も加えると、2173万円となります。そして、そのときの勤務先に退職金制度があればそれを上乗せした額が、いわゆる老後資金ということになるわけです。
 
もっと貯めたいと思うかもしれません。例えば、家賃を下げることができれば、それも可能でしょう。ただし、生活費の中で住居費用がもっとも優先順位が高いとのこと。ここは大事にしなくてはいけません。つまり、無理をして下げる必要はないということ。趣味娯楽費も同様です。減収になっても、私はこのまま月2万7000円を計上していいと思います。
 
ご相談者は今後も一人で生活していくとのこと。であれば、もっとも怖いのは健康を害することです。フォローする家族がいないからです。我慢を強いることでストレスがたまり、それで体調を崩すことは避けなくてはいけません。住居費も趣味娯楽費も、今の水準はずっと豊かで生活していくための「必要経費」と考えてください。
 

アドバイス2 より長くことが有効な老後対策

さて、では先の老後資金で足りるかどうか。これは即答できません。20年以上も先の話です。公的年金をどの程度受け取ることができるかなど、不確定要素が多くあります
 
とは言え、対策はあります。もっとも有効なのは、少なくとも65歳まで、元気であればそれ以降も無理のない範囲で働くことです。そのときの勤務先が定年65歳かもしれません。60歳からの再雇用かもしれません。であれば、そこで可能な範囲で働く。あるいは、ご相談者が言われているように、パートやアルバイトでも構いません。手持ちの老後資金が減っていく、そのスピードを遅らせる。そういう意識で、より長く収入を得ていくことが大事なポイントです。
 

アドバイス3 老人ホームは「用意できる資金内」で探す

それを踏まえて、70歳からの入居を希望されている有料老人ホームですが、その中身は千差万別です。個室タイプを望まれていますが、それでも介護サービスが必要かどうか。介護についても、その度合い(要支援・要介護認定区分)によってかかるコストも、受け入れる施設も変わってきます。立地・環境、施設・サービス内容、スタッフの数等によっても、当然コストの違いは出てきます。
 
基本的な知識として、民間施設の場合、かかる費用は、契約時に発生する入居一時金(別途、保証金がある場合もあり)と毎月発生する費用に分かれます。入居一時金は0円もあれば1億円以上というところもあります。毎月発生する費用とは、主に部屋代、管理費、食費、水道光熱、介護サービス費などですが、これも当然、幅があります。一般的には合計で月10万~30万円といったところでしょうか。
 
もちろん、それだけで生活費がすべてカバーできるわけではありません。また、国民健康保険料や介護保険料も発生します。
 
したがって「いくら用意すれば入居できる」ではなく「用意できた資金内で入居する」という発想をすべき。そして、60歳を過ぎたら、いろいろと見学に行くといいでしょう。実際に目で見て、確認した上で、決めていく。都心は一般に割高ですから、地方を考えてもいいかもしれません。老人ホームのコストに幅があるということは、それだけ選択肢があるということです。
 
焦る必要はありません。少なくとも、先に試算した貯蓄ペースであれば、希望する老後生活は可能だと考えます。したがって今は、勤務先が変わろうとも、正社員として働き続けながら、それを維持していくことを第一に考えてください。
 

相談者「推しが尊いオタ」さんより寄せられた感想

貴重なアドバイスをありがとうございます。「いくら用意すれば入居できる」ではなく「用意できた資金内で入居する」という発想に目からうろこでした。老人ホームは都心ではなく、地方にしたいと考えております。そして、おかげ様で今は転職活動が好調で最終面接まで進んでおります。このまま決まれば、雇用形態は正社員で、手取りは今より少しだけ増えることになります。相談できる家族は居なくて最初は不安でしたが、深野先生のアドバイスのおかげで前向きに頑張れます。


●マネープランクリニックのラジオ番組を始めました!
『2020年の家計防衛』せひご視聴ください。毎週火曜に更新!


●All AboutマネーがYou Tubeで『2分でお金が貯まる人になる動画』を公開開始しました。
チャンネル登録をお願いします!


教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
  

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武


【関連記事をチェック】
39歳貯金370万円。このまま独身で生きる将来を考え、貯蓄が少なく老後の生活が不安
33歳、買い物依存の浪費によって増えてしまった、借金200万円を早く返済したいです
38歳シングル、貯金280万円。賃貸物件を借りる時に保証人がいない
36歳独身サラリーマン。貯蓄が330万円と少なく、老後が不安です
32歳シングル、貯金が100万円ない中でマンション購入しました
38歳一人暮らし貯金150万円。うつ病で離婚も経験。将来が不安です
38歳、貯金75万円。奨学金返済のため副業を2つ。疲労困ぱいです……
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。