貯蓄はリラックスしながらできる

「貯蓄」というと、好きなものを我慢して、安く買って、ポイントを貯めて、割引クーポンを使ってと、あくせくと節約をがんばらねばならないと思いがちです。
 
いえいえ、決してそうではありません。がんばりすぎると逆にストレスが溜まって、そのストレス発散のために思い切り無駄遣いをしたくなり、貯蓄からどんどん遠のいてしまうのです。心当たりがある方も多いのではないでしょうか。
 
家にいながら、のんびりリラックスしながら、自分自身をケアするように、お金を貯めていくことは可能です。無理なくできて、しかも貯蓄すること自体を楽しみつつ、未来の自分を豊かにしていく方法、ぜひはじめてみてください。
 
家でのんびりリラックスしながらできる貯蓄、はじめてみませんか?

家でのんびりリラックスしながらできる貯蓄、はじめてみませんか?

 

まずは「先に貯める」をはじめる

貯蓄というと、「出費を抑えること」を真っ先に考えがちですが、まずは「貯めること」を先にはじめましょう。
 
お給料がでたら真っ先に貯めてしまい、残ったお金は自由に使ってOK、とするのです。貯める金額は、例えば手取り月収の1割以上を目安にしてみましょう。
 
家にいながら「おこもり貯蓄」としてできる方法は、いくつかあります。ネットバンキングを使っていれば、自動積立定期預金に申し込みをしましょう。毎月1万円でも設定しておけば、気づけば1年で10万円以上のお金が貯まっているはずです。
 
ネット銀行をはじめていない人は、はじめるのも手。一部のネット銀行では、メガバンクなどから、毎月決まった日に決まった金額を無料で移してくれるというサービスがあるので(自動入金サービスなど、名前はさまざま)、ネット銀行を貯蓄専用口座に設定し、給与振込口座から毎月チャリンチャリンと自動的に積み立てていくこともできます。
 
いずれも、PCやスマートフォンからできます。顔に保湿パックでもしながら、ベッドでゴロゴロしつつ、はじめてみてください。
 

クレンジングをするように、無駄な出費をそぎ落とす

毎月お金が貯まる仕組みが整ったら、次は無駄を減らす番。汚れをお肌から落とすようなイメージで、自分の無駄な出費をそぎ落としていきましょう。
 
クレンジングや洗顔をして汚れを落とさないと、どれだけいい化粧水や美容液をつけても、なかなか効果を発揮できないのと似ているかもしれません。無駄な出費をそぎ落としてこそ、自由に使えるお金がしっかり残り、有効に使えるのです。
 
まず、スマホでネットバンキングにアクセスして、ここ1、2か月の入出金情報を見てみましょう。「これはいったい何?」というナゾの出費はないでしょうか。ずっと忘れていた、ずいぶん昔に入ったネットサービス代が引き落とされていた、なんてことがあるかもしれません。

無駄な出費はどんどんやめていきましょう。「クレジットカードの引き落とし額がやたら多い」と感じれば、クレジットカードの利用明細書にアクセスを。こちらでも、ナゾの出費はないでしょうか。
 
「これは欲しかった」「これは必要だった」「これは大事に使っている」と、すべて思えるならよいのですが、そうでないケースが多々あるはず。「不要だった」「勢いで買ってしまった」「そもそもこれは、なぜ買ったの?」というものもあるでしょう。
 
それらは、お肌の汚れと同じようなもので、自分にとって不要なもの。今後は買わないように注意。月々支払っているもので不要なものなら解約を。それだけで、毎月の無駄をいっきにそぎ落とすことができます。
 

QRコード決済の無駄がないかもチェック

また、話題のバーコード決済(またはQRコード決済)をはじめた人は、ポイント還元目当てに、不要なものをどんどん買っている可能性アリ。ここ1、2か月分の利用履歴を見てみましょう。ドラッグストアでたくさん買っている」「コンビニによく寄るようになった」と気づくかもしれません。

バーコード決済のポイント還元は魅力的ですが、無駄に出費が増えていたらむしろ損をしているかも。ポイントにつられないよう、今後はお店に寄るのを控えるのも手。そんな作戦を、ゆっくりくつろぎながら立ててみましょう。
 

自分自身とゆっくり向き合って、よりよい方向へ

これらすべて、ルームウエアを着て顔に保湿パックをしながらでも、(防水ケースなどで)お風呂でスマホを使っている人なら、お風呂に入りながらでもできます。
 
家でリラックスしつつ、自分本来の姿を見つめ、よりよい方向へと自分で導いていく。まさに「おこもり貯蓄」です。
 
忙しい日々が続き、いつの間にかいらない出費に囲まれているかもしれないので、定期的なメンテナンスが大事!

貯蓄というと、がんばったり、無理をしたりというマイナスイメージが伴いがちですが、こんな「おこもり貯蓄」なら、今週末のリラックスタイムに取り入れられそう。寒い冬の季節に、ぜひ試してみてください。


【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。