先日、「定期預金より早くて堅実なお金の増やし方」という記事を書きました。「超低金利時代」とも呼ばれる今の時代。定期預金にお金を預けてもほとんど増えず、うんざりする方も多いと思います。そこで今回は、定期預金よりもお得(?)な貯金ワザを1つご紹介します。
 
定期預金よりお得に貯める方法とは?

定期預金よりお得にお金を貯める方法とは?

 

生命保険料控除を活かした積立貯蓄

今回ご紹介したいのが、生命保険料控除を活用した定期預金の代替手段です。生命保険料控除とは、生命保険などの保険料を支払った場合に受けることができる所得控除のことです(1)。保険料の支払い額に応じて控除額が決まり、所得税と住民税を軽減することができます。
 
生命保険の中には、「いつでも100%以上のお金が戻る積立保険」など、還元率が非常に高いものもあります。このような制度を活かすことで、定期預金のようにお金を積立貯金しながら、所得控除を受けることが可能です。
 

この貯金ワザの弱点

もちろん、この貯金ワザには弱点もあります。それは「保険での積立は、銀行口座や証券口座と比べて保証が弱い」ところです。
 
銀行口座などの場合、仮に預け先の銀行が潰れてしまっても、普通預金ならば1金融機関につき「元本1000万円+利息」までの保護があります。これを保護する制度が、預金保険制度です(2)。
 
可能性としては低いでしょうが、「もしも」の場合も有り得ます。「定期預金よりおいしい分、リスクもある」という点を理解しておきましょう。
 
「超低金利時代」とも呼ばれる今の時代。嘆いていてもお金は増えません。本記事のテクニック以外でも、日本では節税しながら貯蓄できる制度が充実しています。本記事の内容と併せて、賢くお金を貯める方法を学んでおくとよいでしょう。
 

【関連記事をチェック!】  
【参考文献】
  1. WEBサイト:国税庁「No.1140 生命保険料控除」
  2. WEBサイト:金融庁「預金保険制度」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。