【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は島田佳奈さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「島田佳奈さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■島田佳奈さんプロフィール
今回の回答者:島田佳奈さん

今回の回答者:島田佳奈さん

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシー!奔放な恋愛経験を元に語る“女豹”ライター

モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』他著作多数。奔放な恋愛経験と独自の恋愛観が好評。

All Aboutガイドページ
twitter:@shimadakana
 

お悩み:持病を負い目を感じてしまい、彼氏に結婚したいと言えません

お悩み:持病を負い目を感じてしまい、彼氏に結婚したいと言えません

お悩み:持病を負い目を感じてしまい、彼氏に結婚したいと言えません

■うまきさん(30歳・会社員)のお悩み
婚活アプリで、人生で初めての彼氏ができました。彼は私より10歳年上で、付き合い始めて1年ちょっとになります。やや遠距離恋愛のため、月に1回会えるかどうかですが、楽しいデートを重ねています。
 
そんな彼と、そろそろ結婚についても話していきたいなと思っていた矢先、私が病気になりました。命にかかわるものではありませんが、完治せず、再発を繰り返すものです。また、彼に感染する可能性もあります。
 
彼には電話で、きちんと(泣きながらですが)伝えました。すると「大丈夫、なっちゃったものは仕方ない」と受け入れてくれました。将来の心配(子供への感染リスク)をする私に対し、医学的な根拠を示しつつ、安心するよう言ってくれたのです。
 
とはいえ、私はまだ、引け目を感じています。将来、彼のお荷物になってしまうのではないかと、不安でたまりません。
 
でも、彼はなかなか甘えられない私が甘えることができる人で、一緒にいるととても安心します。仕事への姿勢も尊敬しています。彼と結婚したいんです。
 
もし結婚について具体的に話すとしたら、どのようなタイミングで、どういう感じで切り出したらいいのでしょうか。これまであまり深い話をしたことはなかったので、どうしていいかわかりません。アドバイス、よろしくお願い申し上げます。
 

アドバイス1:病気を引け目に感じる必要はなし!

アドバイス1:病気を引け目に感じる必要はなし!

アドバイス1:病気を引け目に感じる必要はなし!

まずお伝えしたいのは、どんなご病気だったとしても、引け目に感じる必要はゼロ!ということです。
 
病気なんて、誰でもなる可能性があるもの。結婚後に病気になることもあるし、彼のほうが将来、病気になることもありえます。
 
もしこの世界が、五体満足で健康な人以外は結婚できないとしたら、結婚できない人が大半になってしまいます。年齢を重ねれば、多くの人は何らかの病気になりますからね。
 
マイナス(に思える部分)は、自分の抱える1つの個性。それくらいに思っておかないと、この先何かあるたびに、「私がこんな体だから」と自分を責めて、しんどくなってしまいます。それでは誰とも、幸せになれないですよね。
 

アドバイス2:彼はあなたを受け入れている。あなたも自分を受け入れて

とにかく今は、彼がうまきさんの病気を「受け入れてくれている」。その事実に目を向けませんか。
 
結婚前にこういうことがあって、むしろラッキーかも。結婚してから病気になって、「冗談じゃない!」なんて言ってくるような夫だったら、つらすぎますから。
 
まずは、病気をしっかりと自分自身で受け入れること。それが今のうまきさんに必要なことです。
 
もしかすると、彼のご両親はどう思うかが気になる、なんてこともあるかもしれませんね。でも、彼がいいと言っているなら、気にしなくていいと思うんです。「受け入れる」という、彼の言葉を信じてみましょうよ。
 

アドバイス3:難しい話は、会う数日前に伝えてみて 

お2人は月に1回しか会えないとのこと。だからこそ、会えない間のコミュニケーションは密なのでは。であれば、結婚したいという話を切り出すのは、まずはいつもの連絡のとき(LINE、メール、電話)がいいと思います。
 
ただ、対面でのやりとりではないので、誤解を招く可能性もあります。そこでおすすめなのが、「会う約束をしている3日前」くらいに概要を伝えて、「続きは会って話そう」というふうに持っていくこと。
 
会っていきなり話を切り出すと、相手もどう答えていいのかわからず、あたふたする可能性があります。だからこそ、先にボールを投げておくのです。そうすることで、スムーズに話し合えるようになりますよ。
 
あまり構えすぎず、あなたと結婚したいな、という素直な気持ちを伝えてみてくださいね。応援しています!

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.結婚を考えている彼氏にニートの弟がいました
Q.彼氏と順調すぎて、たまに不安になります
Q.結婚直前に振られました。男性のマリッジブルー対処法を教えてください

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。