おばさんに見えてしまうNGベースメイクと簡単対処法

 

ベースメイクの頑張り過ぎは逆効果?

40代の肌は、シミやシワ、くすみといったエイジングサインが目立ちやすいものですよね。年齢とともにベースメイクに力を入れるようになった、という人も多いのでは? でも、そのやり方が間違っていると、せっかくメイクしているのにかえって老けて見える……なんていう残念な事態にも陥りかねません。

そこで今回は、おばさんに見えてしまうNGベースメイクと、簡単にできる改善ポイントをお伝えします。

 

NGベースメイクその1:メリハリのない均一塗り

ファンデーションを塗る時、何も考えずに、顔全体に均一にざっと伸ばしている人も多いはず。でもそれでは、顔がのっぺりと平面的に見えてしまいます。また、シワにファンデーションが入り込んでかえって目立つ……なんていうことも。しっかりカバーする部分と薄く塗る部分のメリハリをつけましょう。

一番カバーしたいのは、目の下の逆三角ゾーン。他人の視線が集まりやすい上、色ムラも目立ちやすい部分です。時間のない朝でも、ひとまずココをファンデーションで整えれば大丈夫! 

反対に、皮脂分泌が多くテカりやすいTゾーンや、動きが多くヨレやすいほうれい線や目尻などは、なるべく薄めに仕上げるのが正解です。さらに、髪の生え際やフェイスラインは塗らないくらいの方が、陰影がついて小顔に見えます。

 

NGベースメイクその2:明る過ぎるファンデーション

肌を白く見せたいからといって明る過ぎる色のファンデーションを選ぶと、白浮きして厚塗り感が出てしまい、老けた印象になるので注意。肌色に合った色を選びましょう。

色を選ぶ時、手の甲や頬のあたりにつけて判断するのはNG。首とのつながりを考えて、フェイスラインを基準にするのが正解です。エラのあたりにファンデーションを何色かライン状に伸ばし、顔とのなじみ、首とのなじみの両方を確認して、差が気にならない色を選ぶようにしてください。
 

NGベースメイクその3:粉っぽい質感

ファンデーションを塗った後は、顔全体にたっぷりフェイスパウダー(おしろい)を重ねる。そう思いこんでいる人も多いと思いますが、実はこれも大きな間違い。

パウダーをたっぷりつけ過ぎると、せっかくの肌のツヤ感が損なわれる上に、時間が経つにつれてシワっぽくなり、一気に老けて見えてしまいます。仕上げのパウダーは、おでこや鼻まわり、あごなど、皮脂分泌が多くテカりやすい部分にのせる程度で十分です。

 

NGベースメイクその4:コンシーラーに頼り過ぎ

細かいシミが気になるからといってコンシーラーで一つ一つ消すと、やがて乾燥してひび割れてきたり、皮脂と混ざって浮き上がってきたりして、かえって悪目立ちしてしまいます。

頬のあたりのモヤモヤとした薄いシミが気になる場合は、肌なじみの良いイエローの下地やコントロールカラーを気になる部分に塗ってからファンデーションを塗り重ねると、ぐっと目立ちにくくなります。コンシーラーはどうしても消えにくい濃いシミにだけ、少量使用するようにしましょう。


ベースメイクは作り込み過ぎない方が、かえって若々しく見えるもの。いつものメイクを見直して、上手に引き算してみては?
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。