老け見えの原因は、その眉のせい?

「眉は顔の額縁」といわれるほど、印象を大きく左右する重要なパーツ。そして、流行の移り変わりが激しいパーツでもあります。数年前に流行った眉メイクが、今では時代遅れに見えることも。若い頃に覚えた眉メイクをひきずったままだと、どこか古臭い印象が漂い、老けた印象を与えてしまっているかもしれません。

そこで今回は、おばさんに見えてしまうNG眉メイクと、簡単にできる改善ポイントをお伝えします。
 

眉を変えれば印象は激変!

 

NG眉メイクその1:明るすぎ眉

アラフォー世代が本格的にメイクを始めた頃は、いわゆる茶髪ブームの全盛期。眉毛もアイブロウマスカラで明るく染めるもの、というのが常識でした。しかしその後、髪色のトーンは暗めが主流に。それなのに、眉は明るいまま……という人も多いようです。

真っ黒な眉は確かに重たく見えてしまいますが、明るすぎるのはNG。顔の印象がぼやけたり、不健康そうに見えたりして、老け見えにもつながってしまいます。アイブロウのカラーは髪色よりもほんの少し明るめを選びましょう。例えば黒髪の人なら、眉はダークブラウンくらいが正解。必ずテスターなどで試して、髪色や肌色に馴染んでいるかどうかチェックして。

 

NG眉メイクその2:細すぎ眉

茶髪ブームと同じように懐かしいのが、細眉ブーム。細眉にしたいあまり眉毛を抜き続けて、自眉が細くなってしまった人もいるのでは? そんな細眉はなんとなく古臭さを感じさせてしまう上に、相手にきつい印象を与えてしまいます。

最近人気の眉毛といえば、ナチュラルな太眉。太さを出したい場合は、眉の上ではなく眉の下に毛を1本1本描き足していくようにしましょう。眉下に色をのせることで眉と目の間隔が狭まるので、若見え効果も絶大です。

また眉は細くても眉頭は比較的、毛量がある人が多いので、それを生かせば自然な仕上がりに。眉頭の毛をスクリューブラシで根元から立ててふさふさ感を出すと、若々しく健康的に見えます。

 

NG眉メイクその3:くっきり眉

いくら太眉が流行っているとはいえ、眉の輪郭をしっかり描き過ぎると眉の立体感が失われ、べったりと平面的で不自然に見えたり、強すぎる印象を与えてしまいます。ふんわりとナチュラルに仕上げるのがトレンドです。

ペンシルタイプのアイブロウを使っていると、くっきり眉になりがちなので気をつけて。ペンシルアイブロウで眉を描いたら最後に必ずスクリューブラシでぼかすのがポイント。ふんわり感を出したいなら、パウダータイプのアイブロウをブラシでのせたり、チップタイプのアイブロウで眉をなぞるのもおすすめです。

 

NG眉メイクその4:角度つけすぎ眉

眉頭から眉山までの角度が急だと、まるで眉を吊り上げて怒っているように見え、怖い人と思われがち。また、ともすると昔のギャル風にも見えてしまいます。

自眉に角度がある人は、眉頭の上や眉山の下をペンシルやパウダーで描き足し、なだらかになるよう補正しましょう。眉山もあまり強調しすぎないで。表情がぐんと柔らかくなり、好感度もアップするはず。


眉毛を変えると、見た目の印象はガラリと変わります。マンネリ化しがちな眉メイクを見直して、見た目年齢を一気に若返らせましょう!
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。