【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は深爪さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「深爪さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■深爪さんプロフィール
今回の回答者:深爪さん

今回の回答者:深爪さん

エロから社会ネタまで独自の視点から発信!フォロワー数16万人超の大人気主婦アカウント

コラムニスト/主婦。2012年11月にツイッターにアカウントを開設。独特な視点から繰り出すツイートが共感を呼び、またたく間にフォロワーが増え、その数16万人超(2019年4月現在)。主婦業のかたわら、執筆活動をしている。『深爪式 声に出して読めない53の話』『深爪流 役に立ちそうで立たない少し役に立つ話』他著書多数。芸能、ドラマ、人生、恋愛、エロと、執筆ジャンルは多様。

twitter:@fukazume_taro
オンラインサロン:https://lounge.dmm.com/detail/1448/
note:https://note.mu/fukazume_taro
 

お悩み:彼氏の元カノのことが気になり、嫉妬でどうにかなりそうです

お悩み:彼氏の元カノのことが気になり、嫉妬でどうにかなりそうです

お悩み:彼氏の元カノのことが気になり、嫉妬でどうにかなりそうです

彼氏の元カノ(元彼女)のことが気になって気になって仕方なく、嫉妬でどうにかなりそうです。

彼氏とは付き合って半年ちょっとで、仲良くやっています。彼氏も、元カノに未練はなさそうです。でも、そんなことは関係なく、とにかく憎くてしょうがないのです。

彼には、元カノの話はしないでほしいとは伝えており、彼もそうしてくれています。でも、ふとした瞬間、「元カノとも同じことをしたのかな」「あの店員さん、元カノに似ているな」「あんな変な女ともセックスしていたのが嫌すぎる……」などと考えてしまい、たまらなく辛い気持ちになります。

さらに最近、彼のSNSをたどって、元カノのSNSも見つけてしまいました。よくないと思いつつ、1日に何回もチェックしてしまいます。新しい彼氏はいないようなので、万が一彼に復縁を求めてきたらどうしよう……とモヤモヤします。

一方で、元カノにはできるだけ不幸せでいてほしい、彼氏ができていなくていい気味だと、性格の悪いことも考えてしまいます。

過去は過去であり、彼女との付き合いがあったからこそ今の彼がいることなんて、百も承知です。それでも、とにかく嫌なんです。どうすれば、この不毛な悩みを手放すことができるでしょうか。
 

アドバイス1:「自分の中で作り上げた元カノ像」は幻なので倒せない

アドバイス1:「自分の中で作り上げた元カノ像」は幻なので倒せない

アドバイス1:「自分の中で作り上げた元カノ像」は幻なので倒せない

ツイッターを眺めていると特定の人物やモノについて延々悪口を言っている人を見かけるのですが、彼らに共通するのはとにかくその「嫌いな対象」についてめちゃくちゃ詳しいということです。

3児の母になった某元アイドルに対して「子供に1日に2回もホットケーキミックスを使ったおやつを与えていた!栄養バランスがなってない!母親失格!」「水不足なのにビニールプールで遊ばせていた!非常識!」といちいち本人のブログをチェックして怒っている人たちを見るたびに、「もはや大ファンじゃねえか」と思ってしまいます。憎さのあまり脳内が嫌いなモノに支配されてしまっているのでしょう。

まつもとさんも同様に、もはや彼氏よりも彼氏の元カノに夢中になっているようにお見受けします。これは非常によろしくない状態です。SNSでリアルな情報を収集することで、ぼんやりした存在だった元カノが輪郭を持ちはじめ、自分の中でどんどんクリアな存在になってしまうからです。
 
「元カノに嫉妬してしまう」とおっしゃっていますが、正確には「自分の中で作り上げた元カノ像」に嫉妬しているのではないでしょうか? その元カノは幻なので、いくら攻撃をしたところでトドメを刺すことはできません。元カノを葬るためには、自分の不安感と闘うしかないのです。
 

アドバイス2:いっそ心ゆくまで元カノチェックしてみては

過去の女が気になるのは、自分に自信がないからだと私は思っています。付き合い始めて半年。一番楽しくてラブラブハッピーな時期でしょうが、その一方で「この幸せはずっと続くのだろうか」とか「今、彼を失ったら耐えられない」などと不安に苛まれてしまいがちです。

だから、不幸の引き金になりそうな昔の女の動向を日々チェックして、自分の幸せを脅かす存在ではないかどうかをいちいち確認してしまうのではないでしょうか。

しかし、これはおっしゃるとおり「不毛」です。元カノのアラ探しをして優越感に浸るだけならいいのですが、どうしても勝てない部分を見つけて打ちひしがれたり、相手の不幸を願う自分を嫌悪したりと、たいていはロクなことがないです。
 
ただ、ロクなことがないとわかっていても自分の中に不安感が存在する限り、簡単にやめられるものではありません。一連の行動は不安解消のための作業だからです。

また、「こんなことを続けたくない」と思うこと自体がストレスにもなりうるので、ここはもう開き直って心ゆくまで元カノに嫉妬し続けてください。

いつか「私は彼にべらぼうに愛されている」と心から思えるようになれば、まつもとさんの頭の中を支配する元カノの存在は自然と消えていくでしょう。それまでは毎秒元カノのSNSをチェックするくらいの勢いでいいと思います。
 

アドバイス3:「元カノよりも長く付き合ったら私の勝ちシステム」で嫉妬心を誤魔化すのもアリ

それでもなお、苦しいということであれば「楽になる考え方」のご提案があります。「楽になる考え方」といっても「過去に囚われて『今』を楽しめないのはもったいない。今、彼に愛されているのは、まぎれもなくあなたなのです。『今』の幸せを噛みしめて日々を過ごしましょう。レッツポジティブ!」みたいな御託を並べたところで「それができりゃあ苦労しねえんだよバカ」としか思えないでしょうし、ここはひとつ、私が実際に試してある程度の効果があった方法を伝授したいと思います。
 
今やたいていのことには動じない立派なババアに育った私ですが、かつて私も過去の女への嫉妬心に苦しめられたことがあります。そのときに編み出したのが「元カノよりも長く付き合ったら私の勝ちシステム」です。とにかく数字です。「1日でも長い期間、彼と付き合えたら勝ち」というルールを勝手に作りました。交際を続けるだけで勝てるので、嫉妬心に苛まれても「あと28日で私の勝ち。そう、勝利は目前よ!」と心を強く保つことができます。

当時の彼と元カノは1年半付き合っていたのですが、私は1年8カ月交際したので私の勝利に終わりました。ちなみに我々が別れた理由は「交際期間が1年半を超えたあたりから付き合うモチベーションがなくなり、なんとなく私が冷めてしまった」という本末転倒。いったいなんのための戦いだったのか。たしかに最後の方は、彼が好きだから付き合っているというよりただひたすら元カノに勝つためだけに関係を続けていたような気がします。

今思えば空しいにもほどがあるシステムですが、そんな方法でも嫉妬心を誤魔化せるのなら儲けモノです。よろしければぜひ一度、お試しください。
 
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.独身でいいと思うのは、本当に愛する人に出会っていないから?
Q.彼氏の風俗通いを知ってしまい、動揺しています
Q.童貞だった彼。セックスがまったく上達しません

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。