DVD

       1989年公開作品、監督はロッド・ダニエル


無類の犬好き、犬ガイドの私が、犬が出てくる映画の中で一番好きなのがこの『K-9 友情に輝く星』です。基本はアクションコメディ。30年前の映画ゆえに、犬の登場シーンにはやらせ感が無きにしもあらずですが、笑いながらもほろりとくるところがあって、犬が出てくる映画としては上出来です。

飼い主として、人間として、犬との関係性を改めて考えることができます。観終わったとき、愛犬がさらに愛おしくなる映画です。
   

犬は「従わせるもの」じゃなく、「相棒」なんだよ

ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジェリー・リー役のジャーマン・シェパード・ドッグは4頭用意され、メインを務めたのがRando


ジェームズ・ベルーシ演じるハチャメチャ刑事マイク・ドゥーリーは、これまた超個性的で警察犬担当者でも手こずるという警察犬ジェリー・リーとコンビを組むことになります。犬がどういう動物なのか、その扱い方もろくに知らないドゥーリーは、自分がボスとなりジェリーを従えようとしますがうまくいきません。

当時はちょうど、押しつけずに褒めて伸ばすという導くトレーニングへ変化しつつある時代でした。ドゥーリーとジェリーがお互いを認め合うようになるにつれ、本当の「相棒」になっていく様子に、犬と付き合うときに大切なことを改めて認識させられた気がしました。
 

大事な相手をなりふりかまわず守れているか?

犬と男性

2作目の「K-911」は日本未公開、3作目は「K-9 はみだしコンビ大復活!」
 

クライマックスでは、なりふりかまわずジェリーを助けようとするドゥーリーの姿に、愛犬と自分とを重ねたものです。犬を人間の世界に引き込み、一緒に暮らしてもらっている以上、健康面、安全面でも、彼らを守るのは飼い主としての務め。愛犬に万が一のことがあったとき、何があっても守るという気概をもち、絆が築けているかと自分に問いもしました。その反面で、犬との関係をガチガチに考えず、生き物同士、お互いもっと気楽につきあえとも考えさせてくれました。

家庭犬として愛される犬たちもいれば、ジェリーのように人間のために働く犬たちもいる中で、お互いに少しでも楽しく、ハッピーに暮らせるのが一番。これを観ると、愛犬の嬉しそうな顔を見るために散歩に出かけたくなります。
 
DATA
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン|K-9(邦題/K-9 友情に輝く星)

出演:ジェームズ・ベルーシ、メル・ハリス
監督:ロッド・ダニエル
公開:1989年
時間:102分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。