北欧の名作照明PH5

500 x 285 x 500mm、重量3.5 kg
 

インテリアがお気に入りのものだと、家でのくつろぎの時間がさらに愛おしくなると思います。そこで今回は、私が実際に使用しており、お気に入りの照明器具「PH5」をご紹介します。

この「PH5」は、1958年にデンマークのルイスポールセンというブランドから発売されました。以来、60年経った現代でも世界中で愛されているダイニング用ペンダントランプの名作です。

緯度の低いデンマークで、1日のうち最も美しい光が降り注ぐと言われる夕方のブルーアワーを、家で過ごすのにふさわしい灯りとして開発されました。





 

デンマークでは国民的ランプと呼ばれる圧倒的な人気

デザイナーのポール・ヘニングセンとPH5

    ポール・ヘニングセンの頭文字と、メインシェードの直系50cmが
    名前の由来
 

「PH5」は1958年にデンマークのポール・ヘニングセンという人がデザインし、ルイスポールセンから発売されました。すでに60年以上が経ちましたがそのデザインの美しさに、今でもファンの多い名作です。

ダイニング用のペンダントランプとして、夕方の美しい光が差し込むブルーアワーを家で過ごしやすくする、計算されたデザインが秀逸な灯りなのです。我が家のダイニングを照らすヴィンテージのPH5は6年ほど前に目黒通りのお店で購入しました。

帰宅して深い色味の赤いシェードが見えると、とても安心します。帰宅するたびに灯す明かりがお気に入りの名品だと、毎日が特別に感じられるから不思議です。

 

食卓と、そこにいる人にアットホームな雰囲気を作り出すライト

ポール・ヘニングセンによるポスター

ポール・ヘニングセンによるポスター
 

眩しさを回避しつつ、効率的に光を必要なところに集めるために、数学的な根拠をもつ対角螺旋で描かれたカーブを採用した4枚の羽。

PH5が作るやわらかな光は、照らされた人の顔や物に陰影の濃淡を作り出し、繊細な凹凸を美しく見せる効果があります。また、光の色味についても工夫を凝らしています。人間の目は光のスペクトルのうち、黄色を最も強く感じます。逆に、赤みや青みには感度が低いそう。

ヴィンテージや、現行品のクラッシックホワイトは、一部のパーツが赤と青に塗られており、光の色味を補正しています。 その効果により、テーブルの上のお食事が美味しそうに映えるのです。ぜひ皆さんにも使ってみてほしい素敵な灯りですよ。





DATA
ルイスポールセン | PH5

サイズ:500 x 285 x 500mm
重量:3.5 kg

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。