【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:婚活中、男性から自慢話を聞かされることが多く、返し方に困っています

お悩み:婚活中、男性から自慢話を聞かされることが多く、返し方に困っています

お悩み:婚活中、男性から自慢話を聞かされることが多く、返し方に困っています

■MICCさん(31歳・一般事務)のお悩み
婚活で出会った男性から、自慢話を聞かされることがよくあります。自分のすごいところをアピールしたいのかもしれませんが、正直、戸惑います。
 
以前、知り合いの女性からは「それだけ好意があるということ。かわいいじゃない。ほめて、手のひらで転がしたら」とアドバイスされました。でも、すごいと思っていないのにほめるのは、おかしな気がします。

藤本先生は、男性の自慢話についてどうお考えですか。自慢話を聞かされたときの、上手な対処法があれば、ぜひ教えていただきたいです。
 

アドバイス1:自慢話は自分に自信がないからするもの

アドバイス1:自慢話は自分に自信がないからするもの

アドバイス1:自慢話は自分に自信がないからするもの

男性にかぎらず自慢話をする人って、自分に自信がないからそうしているんですよ。
 
肩書き、年収、社会的地位、学歴、外見など、そういったものはすべて自分を覆うただの「鎧」です。自分の内面だけで勝負ができない人は、何かあるたびにすぐ鎧を持ち出してくるんですよね。ネトゲで、「どう?俺の装備すごくね?」と言ってる人たちと同じです。
 
現実世界でもゲームの世界でも、他者から見て十分にすごい人なのに鎧自慢をしない人は、「自分も周りの人と同じ人間」と思っているので、謙虚なんですよ。
 
とくに、過去の武勇伝を語りたがる人はその最たる例であり、こういった人は、自分の内面どころか「今の自分」でも勝負できないから、過去を持ち出してくるわけです。だって、自分としっかり向き合って自己受容ができていて、今の自分に満足していれば、鎧で勝負する必要はないですからね。
 

アドバイス2:どんなエリートでも、自信が持てていない人は存在する

しかし現代では、「あの人すごいよね。エリートコースまっしぐらで将来安泰じゃん。しかも超イケメンだし」と噂されるような男性であっても、自分に自信が持てず、鎧で勝負しようとする人がたくさん存在するんです。
 
そういう人が存在するのは、彼らが「鎧を強化しないと自分はダメなんだ」という前提で生きてきたからなんですよ。
 
そうやって生きてしまうと、内面と向き合って磨くことがおろそかになるので、鎧ばかりが強化され、実は肝心の内面がほとんど成長していないんですね。「お金もあって社会的地位もあるのに、なんでこの人はこんなに子供なんだろう?」と思う男性がいるのは、そういうことです。
 
たしかに、自分を覆う鎧は強ければ強いに越したことはありませんが、「自分がそうしたい」と思って強くした鎧と、「そうしなければいけない」と思って強くした鎧とでは明らかに意味合いが違ってきます。
 
後者の場合は、世間体や人の評価がベースになっているので、自分の意思でそうしているようで、実は「人が求めているであろう自分の理想像」になろうとしているだけ。実際の自分に自信が持てないのは当然というわけです。
 

アドバイス3:ただの鎧自慢なら、無理してほめなくていい

アドバイス3:ただの鎧自慢なら、無理してほめなくていい

アドバイス3:ただの鎧自慢なら、無理してほめなくていい

もちろん、長年の悲願が達成された、コツコツと積み上げてきたものがようやく開花したなど、思わずテンションが最高値に達するような出来事があれば、人である以上、誰だって自慢したくなるもの。
 
そういった場合の自慢は、心から祝福してあげるといいと思いますが、ただの鎧自慢であれば、無理して合わせなくていいというのが僕の見解です。
 
なぜなら、すごいと思ってないのに称賛しても、心がこもってないから相手にはすごいと思われてないのが伝わっていますし、逆に、心をこめて「めちゃめちゃすっごいじゃん!」と言ったとしても、調子に乗られてどんどん鎧自慢がひどくなるだけです。
 
MICCさんが知り合いの女性に言われたように、自慢話をされるのは「それだけ好意がある」という意味合いもありますが、中には、威嚇目的で鎧を持ち出してきて、ただマウントを取りたいだけの人がいることを忘れてはいけません。
 
ちなみに人は、「調子にのったとき」「人と離れたり別れたりするとき」「怒っているとき」に本性が出るので、相手を持ち上げて持ち上げて調子に乗らせてから、その人の人間性をジャッジするツワモノも世の中には存在します。
 

アドバイス4:自慢話は「知らない世界を知ろう」という姿勢で掘り下げる

では、鎧自慢にどう対処するか。すごいと思っていなければ、相手の自慢をほめたたえなくていいので、「自分の知らない世界のことを知ろう」という好奇心で、自慢話を掘り下げることができればいいですね。
 
「ただの自慢話じゃん」と思って聞いてしまうと苦痛でしかありませんが、「この人はどうやってそれを成し遂げたんだろう」「この人がいた世界はどんなところなんだろう」と興味を持って聞くことができれば、その分視野が広がります。
 
実際僕も、聞きたくないけど聞かなければいけない人の自慢話はそうやって聞いてきました。いろいろ話しを掘り下げてみると、自慢話から苦労話に切り替わることも多いんですよ。
 
「いやあ、今ではいい感じに生活してるけど、昔はかなりたいへんな時期があってさあ」という感じで話されると、「この人も苦労してきたんだな」という優しい目で見ることもできます。
 
そうやって接していると、自慢話をしてきた相手が自慢をするどころか、今まであまり人に見せてこなかったであろう心のうちをさらけ出すようになってきたり、対等に接してきたりするようになることがよくありました。
 
そのときはじめて、お知り合いの女性が言うような「かわいい」の意味がわかり、その人に対して寛容的になれるのではないでしょうか。
 
実は自慢したい人って、ほめてほしいのではなくて、本当の自分をわかってほしいだけのことが多いんですよね。
 
ちなみに、ここでいうところの「かわいい」は、相手の人間臭さや必死感、意外性など、「この人も人間なんだな」と感じたときに生まれるものだというのが、僕の見解です。
 
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.男性から「料理はする?」と聞かれるとモヤモヤします
Q.母親に「結婚してほしい」と言われるのがつらいです​​​​​​​
Q.貯金がないどころか、借金が200万円。隠して婚活すべき?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。