31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は澤口珠子さん

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は澤口珠子さん

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は澤口珠子さん

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「澤口珠子さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■澤口珠子さんプロフィール
 今回の回答者:澤口珠子さん

 今回の回答者:澤口珠子さん

自身もネット婚活で結婚!女子力アップ/婚活コンサルタント

理想のパートナーを引き寄せる、外見・マインド作りのプロフェッショナル。自身が3カ月で104人の男性とデートした経験を元に「ネット婚活のノウハウ」を提供中。レッスンやコンサルには全国各地・国外から申込が集まる。『はじめてのネット婚活』他著書多数。

HP:オフィシャルホームページ
twitter:@tamakosawaguchi
 

お悩み:仲良くなるのは既婚者や彼女持ちの男性ばかりです

お悩み:仲良くなるのは既婚者や彼女持ちの男性ばかりです

お悩み:仲良くなるのは既婚者や彼女持ちの男性ばかりです

■ともさん(31歳・広告)のお悩み
結婚したい気持ちはあるのに、仲良くなるのは既婚者や彼女持ちの人ばかりです。独身で、いわゆる結婚に向きそうな条件の人がいても、好きになれないか、気になったとしても自分からグイグイいくことができないかのどちらかです。
 
既婚者や彼女持ちの人については、自分から誘うことはしません。ただ、向こうからご飯に誘われたときに軽い気持ちで着いていくと、向こうにはその気があったというパターンが多いです。
 
独身で、いわゆる結婚に向きそうな条件の人については、自分の気持ちが高まっていないときにグイグイ来られると冷めてしまいます。かといって、自分から気になる人にアプローチ(ご飯に誘うなど)はできません。自信がないので……。
 
加えて、仕事に趣味に忙しく、婚活にリソースを割くことを避けているというのもあります。
 
「仲良くなるのは既婚者や彼女持ちの人ばかり」という課題は、社会人になったときから抱えていて、カウンセリングも受けたのですが、改善されません。どうしたら、この課題を解決することができるでしょうか。
 

アドバイス1:心の底に「本当は結婚したくない」が隠れているかも

アドバイス1:心の底に「本当は結婚したくない」が隠れているかも

アドバイス1:心の底に「本当は結婚したくない」が隠れているかも

既婚者や彼女持ちの男性は、結婚するには相当ハードルが高い相手ですよね。今まで私がたくさんの女性をコンサルしてきた経験から、そういう男性とばかり仲良くなる女性って、深層心理では「結婚したくない」と思っているパターンが案外多いんです。
 
ともさんは「結婚したい気持ちはある」そうですが、それって本心かしら? 周りの友人の結婚だったり、自分自身の年齢だったりが気になって、なんとなく「結婚しなきゃいけない」って思っているだけだったりはしませんか?
 
もし、ちょっとでも思い当たるところがあるようなら、いったん立ち止まって、自分の心を見つめ直してみましょう。大丈夫、まだまだ31歳。時間の余裕は十分、ありますよ。
 

アドバイス2:両親が不仲な場合、結婚にネガティブな印象を持ちやすい

ここで1つ、質問です。ともさんのご両親の結婚生活は、ともさんの目から見て、幸せそうでしたか?
 
もし、ケンカが多かったとか、亭主関白のお父さまのせいでお母さまが辛い思いをされているように見えたとかだったら、要注意。ともさんの頭の中に「結婚=よくないもの、したくないもの」という意識が刷り込まれている可能性が大きいからです。
 
こういう女性も、実はすごく多いのです。私の生徒さんでも、少なくありません。「絶対結婚したいです!」って言って来てくれているのに、です(笑)
 
「それなら、無理に結婚しなくたっていいじゃない」とアドバイスするときもあります。今の時代にはさまざまな生き方があり、どんな道を選んでも、自分次第でいくらでも幸せになれますからね。
 
でも、それでもやっぱり結婚してみたいという気持ちがあるなら、結婚に対するイメージを変えていくことから始めるといいですね。
 

アドバイス3:幸せそうな既婚者にたくさん会えば「結婚」のイメージが変わる

具体的には、結婚して幸せそうな友達に会いに行くこと。ホームパーティーなんてやってもらえたら、最高ですね。お家にお邪魔するのが難しければ、話を聞くだけでもいいのです。
 
とにかく、思いっきり結婚生活の魅力を聞き出して、結婚へのイメージをポジティブな方向に上書きしていきましょう。
 

アドバイス4: 既婚者や彼女持ちと仲良くするのはエネルギーの無駄!

それともう1つ気になったのは、ともさんが、恋愛に対してすごく受け身なこと。アラサーで好きな人と付き合いたかったら、受け身は卒業しないといけません。人生全般、受け身でいると損してしまいますよ。
 
それに、自信がないから……なんておどおどしていると、適当に遊べる女性を探している既婚者や彼女持ちの男性が寄ってきちゃうのです。
 
そういう男性って、本当にずるいし、厚かましいのですよね。彼らには帰る場所があるから、安心して冒険できちゃう。だから、ちょっといいなと思った女性には、グイグイいけちゃうのです。
 
ともさんも、どこかで「2番目の女くらいが気楽かも」なんて思っていませんか。もしそんなことはない、本当に結婚したい!と思うなら、既婚者や彼女持ちの男性と仲良くするなんて、時間とエネルギーの無駄ですよ!
 
まずは「結婚」に対するイメージを、ポジティブなものに修正すること。それから自信を持って、ちょっと強気に「本命の女」を目指してくださいね。心から応援しています。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.発作的なさみしさを、元彼と浮気することで解消しています
Q.自分が「浮気相手」だと発覚。でも諦めきれません
Q.ときめかない、触られたくない男性との結婚はアリですか?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。